才能がないと諦めている人へ。才能の正体と開花のさせ方とは?

才能がないと諦めている人へ。才能の正体と開花のさせ方とは?

自分には何の才能もないから……と諦めて笑う人をよく見かけます。才能なんて言葉は自分には無縁なものと思われがちですが、そんなことはありません。才能は誰でも持っており、思っていたよりもずっと身近な存在です。

それなのに、人は才能に対してハードルを上げすぎてしまいがちです。才能の正体と自身の才能の呼び起こし方を知り、「才能」は手が届くものであると再認識しましょう。自身の中で眠っていたチャレンジ精神を呼び起こすきっかけにもなるはずです。

「才能がない」は言い訳に過ぎない?

「才能がないから」と継続を諦めたものはないですか。才能がない、と感じた理由はどんなものだったのでしょうか。

他人に才能がないと言われたから、思った結果が出なかったから、人と比べて効率よくできなかったから……理由は様々かと思います。しかしこの世に本当に才能のない人など、いないのです。「才能がない」と自分で思い込むのは、あまりにも勿体無いことです。

棋士である羽生善治氏は、過去にこんなことを語っていました。「何かに挑戦し確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう。報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続しているのは非常に大変なことであり、私は、それこそが才能だと思っている。」

「日本一の将棋の才能の持ち主」とされている羽生氏は、何かを始め継続できている時点で、その人は才能の持ち主だというのです。

今自分が新しく何かを始めようとして、どうしたら効率よくできるのか、成功するのか、試行錯誤している時点で、もう才能の芽は生まれています。

才能がないのかもしれない、と自分を疑うこともあるでしょう。しかし本当に関心もなく知識もないものに対しては、自分の才能の有無さえ考えません。何かしらの意思を持って向き合えた以上、挑み続けられる可能性を秘めており、才能の芽の持ち主である証拠なのです。

そもそも才能の正体とはなにか?

そもそも才能の正体とは何か、ご存知ない人も多いのではないでしょうか。才能の元にあるのは、羽生氏が語ったように続けられるモチベーションのこと。心理学用語でいえば心的傾向といわれるもので、どんなことに心が動き、行動する傾向にあるのか?という心の傾向のことです。

つまり才能とは、心的傾向にそって練習や行動を続けることで開花する能力のことです。世界中の成功者を心理分析すると、全員、自分の心的傾向にあった活動や仕事を選んでいるのがわかります。

そういう観点からいえば、才能は結果論に過ぎません。「才能があるんだね」と言われる人たちは成功を収めた人であり、功績を残したことではじめて「才能がある」と評価を得られるようになるのです。

しかし、当人たちは自身を「才能のある人間」と認識していない場合がほとんどです。はじめからすば抜けた能力があったわけではないですし、才能を開花させるためにしてきた努力や苦労を、自分たちが一番よく知っているからです。

彼らは血のにじむような努力をし、常日頃から目標達成を意識し、過ごしてきました。先ほど羽生善治氏の言葉でも紹介しましたが、モチベーションを維持し努力し続けることは本当に困難であり、多くの人が挫折をするでしょう。目標と真摯に向き合い、継続できるものを見つけられた人は、すでに才能開花への階段を登っている状態です。

成功を得なくては他人は「才能がある」と認識してくれませんが、意思を持って続けられた時点で「自分は才能を持っているんだ」と大いに評価しましょう。

才能の源泉って何ですか?ーずっと続くモチベーションを見つけよう!

才能がないと思い悩んでしまう理由

自身に才能がないと、勿体無い考え方をしてしまう理由とはどんなものでしょうか。多くの人が才能に自信を持てない理由が、

  • 評価者・評価基準がないから
  • 他人と比較をしてしまう
  • 自分の限界を設定してしまう
  • 人に言われたから

の4つによるものです。

評価者・評価基準がないから

才能開花した人は他者からの評価で自分の才能に気づき、努力を始めた人がたくさんいます。

「先生がお前すごいぞ!と言ってくれたのが、本格的にやり始めたきっかけです」

「言われなければ、気づかなかったと思います」

という人は意外に多いのです。

特に、あなたが当たり前にしていることが他者より秀でた才能の場合、あなたにとっては普通のこと。他人から評価されるまですごい!と自覚することは難しいものです。

才能は他者より秀でた能力のこと。「偏差値50が普通」という基準があってはじめて「偏差値70はすごい!」と気づくことができます。比較対象や評価者、評価基準がなければ、自分の才能やその価値に気づくことはできないのです。

たとえばあなたの才能がトーク力だとしましょう。すると学校の成績やスポーツの判断基準では評価できないため、「みんな面白い奴だといってくれるけど、自分にはなんの才能もないな・・・」と感じてしまいがちです。しかし、トーク力がある人は営業や接客に向いています。このような場合は、あなたはまだ自分の才能を測る判断基準に出会っていないだけなのです。

他人と比較をしてしまう

他人と比較をすること。人間である以上、他人と自分を比べてしまうのは仕方のないことです。いつだって隣の芝生は青く見え、自分の芝生は枯れているように見えてしまいます。

しかし自分には枯れているように見える芝生が、実は隣人の目には「味わいのある色」「庭とマッチした色」と感じ、自分の庭では作り出せない色に見えているかもしれません。

人と比べても仕方ないとはよく言われますが、他人と比べるのは大変結構なことです。ただし、比べて自分の劣等感を育てるのではなく、人とは違う部分を認識し、良い点を認めるために比べましょう。

自分の限界を設定してしまう

例えば、絵で成功をしたいAさんには、目標の画家がいたとします。しかしどんなに頑張っても、目指す画家のようには絵が描けない……結果、自分には才能がないと思い込んでしまうのです。

この場合、努力を続ければ成功できる、というわけではありません。努力の方向性が間違っている可能性があります。

Aさんはそもそも、目標の画家と同じレベルに立つことがゴールだったのでしょうか。絵で成功したいのであって、その通過点が目標の画家の画力だったはずです。このように目の前の目標しか見えず、最終ゴールが頭から抜けてしまう人は多くいます。

絵でお金持ちになりたいのなら、目指す画家と同じ画力がなくても、今の画力にプラスアルファを施すことで、成功できる方法があったはずです。例えば、自分の絵のブランディングやマーケティング対象を変えるなどがそうです。「限界値に到達した」と思ったとしても、そこから新たに成功への選択肢を生むことができます。

人に言われたから

才能の芽を芽吹かせている途中で他人に批判され、挫折してしまう人も多くいます。他人の批判はナイフのようなもの、自信喪失や限界を思い知るといった、自分自身でつけた傷ではない分、立ち直るのは難しいものです。「こう言われたし、自分は才能がないのかも……」と思い悩み、結果として継続を諦めてしまう場合もあります。

しかし才能開発の専門家としていうなら、「人に言われたから諦める」「人に言われたら自分には才能がないと思う」という人は才能が開花しない人。羽生氏が語ったように、人から何を言われようが止められない情熱やモチベーションが才能開花の原動力だからです。

ただし、「他人に批判され、挫折しそうになっているけれど、諦めきれない」という思いを抱えているなら才能開花の芽はあります。

イギリスのオペラ歌手、ポール・ポッツは2007年、37歳でデビュー。アルバム「ワン・チャンス」は全英初登場1位、3週間連続で1位を記録しました。10歳から教会で聖歌隊として歌い始めた彼は「いつか満員のオペラハウスで歌いたい」という夢を持っていました。しかし、容姿や生い立ちのせいでいじめられ、歌をからかわれ続けられた結果、自信を持てない性格に。プロになる夢を諦め、携帯ショップの販売員をしていました。

そして年齢的な限界が迫ってきた2007年、妻の後押しもあり、イギリスのタレント発掘オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント』に出場。優勝を勝ち取り、プロデビューを果たしました。

他人の心ない一言で夢や才能を諦めるのはあまりに勿体無い。あなたの才能の守護神はあなた自身です。

批判には2種類あります。1つはあなたの成長を願っての辛口フィードバック。「基本がなってない」「考え方が間違ってるから向いてない」といった具体的な批判は貴重なアドバイスです。成長する糧として受け止めましょう。

一方で「へたくそ」「やめろ」といった、具体的に何がダメなのか指摘しない批判は、ただの野次です。目標達成中によく流れるBGMのひとつであり、聞き流せる精神的強さを鍛えるには絶好のタイミング。人より多く得るものは、人より多くやっかまれるものです。

年収2倍になった才能の見つけ方・活かし方動画セミナー

人生の自己肯定感を高め、才能を開花させるには

才能の開花には、自己肯定感を高めるのが重要です。自己肯定感の低い人は自分を信じきれず、成功のビジョンが見えません。そのため壁にぶちあたるとすぐに折れてしまいがちで、「才能のある人」になるための工程である努力の継続ができないのです。一方で自己肯定感の高い人は、自分は成功できると信じられるので、挫折や障害に強い傾向にあります。

たとえば、「そんな努力してなんの意味があるんだ?」と言われても、「私はこの努力が気に入っているし、意味があると思う」と答えられるのが自己肯定感が高い人です。

つまり自己肯定感をあげる簡単な方法は、自分の感情や考えを素直に認めることです。

例えば、会社であなたのために誰かがコーヒーを淹れてくれたとします。しかし、次の日には淹れてくれませんでした。

自己肯定感の強い人は、ここで「今日、コーヒーを淹れてくれなかったのは残念だったな」「でも、昨日、コーヒーを淹れてくれて嬉しかったな」と嬉しかった気持ちと残念だった気持ちを素直に認めることができます。

そして相手の状況を察して、「いつも忙しいのに昨日はコーヒーを淹れてくれたんだな、ありがとう」と思うこともあります。

一方で、自己肯定感の低い人は「やはり毎日は淹れてくれないのか……昨日はたまたま気が向いただけなんだろう」と、残念だったという気持ちをしっかりと受け止めず、「たまたま気が向いただけ」と自分本位の解釈をしてしまったり、「あの人は気まぐれな人」と安易に判断してしまう傾向にあります。

自己肯定感の強い人は

  • 自分の素直な気持ちをそのまま受け止める力
  • 出来事を中立に見る力

の2つの力を持っています。マイナスの感情に振り回されず、心をフラットに保てるようになれば、仕事の集中力も上がり、人間関係もよくなります。

「自分の素直な気持ちを受け止める」と「出来事を中立に見る」を意識すれば、少しづつ自己肯定感は高まります。やがて「どうせ自分はだめなんだ」という意識も薄れていくでしょう。その結果、才能開花の途中で得た称賛も素直に受け止め大きな自信へと変化します。フラットな心は、壁や障害をクリアする重要な武器となるのです。

自信を高める才能に関する名言

実際に才能がある、と評価された人たちの名言は、これから才能開花を目指す人たちにとって勇気となります。いくつか名言をご紹介しますので、心が折れそうな時に思い出してください。

  • 「才能とは自分を自分自身を信じることです」 (ガラスの仮面・漫画)
  • 「落ち込むことって才能だよね。落ち込まない人はそれでいいと思っているから、決して今より上にはいけない。才能があるから落ち込むんでしょ。」(竹中直人・俳優)
  • 「才能とは何か?僕もときどき(そんなしょっちゅうではありませんが)それについて考えます。それで思うんですが、ものすごく特別な、巨大な才能を例外にすれば、何かに目標を定めて、ずっと努力し続けられる力こそが才能の中核ではないでしょうか。」(村上春樹・作家)
  • 「天分は、持って生まれるもの。才能は、引き出すものよ。」(ココ・シャネル・ファッションデザイナー)
  • 「努力せずに何かできるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうだと思う。人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです。」(イチロー・野球選手)
  • 「私の最大の光栄は一度も失敗しないことではなく、倒れるごとに起きあがることにある」 (ゴールドスミス・実業家)

才能の持ち主と評価されてきた彼らも、並々ならぬ努力をしたのが伺える名言です。心が折れるような体験を前にして、いかに強い意志を持って再び立ち上がれるかが、才能開花への別れ道といえるでしょう。

まとめ

自分には才能がないと諦め現状を受け入れている人は、自分の才能の源泉に気づいていないだけです。まずは自分の好きなものや、時間を忘れられるものから見つけてみましょう。

そして、その分野で天才と呼ばれる人たちがどのような努力をしてきたのか、また、今現在同じジャンルで成功を目指す人たちが何をやっているのか、調べてみてください。その上で「これなら自分でも何とかできるかも」という取っ掛かりがあったら、チャレンジしてみましょう。

もし、好きなものや夢中になるものを自分でも見つけられない場合、才能プロファイリングを検討してみてください。

自分には何もないと思っていたとしても、自分にしかできない何かが見つかるはずです。

年収2倍になった才能の見つけ方・活かし方無料動画セミナー《受講者5,000名以上》

CTA-IMAGE 自分の才能を活かしてキャリア・ビジネスで自己実現したい方へ。才能の見つけ方、才能をお金に変える方法を動画とメールの講座をお届けします。

才能の見つけ方カテゴリの最新記事