人間は感情を忘れるが、アンドロイドは忘れない

人間は感情を忘れるが、アンドロイドは忘れない

こんにちは。才能心理学認定講師の川越満(かわごえみつる)です。

講師仲間の松澤祥子が映画「さようなら」を観た結果、感情が動いたシーンについてブログで紹介していました。

実は、理事長の北端から同作品を観るように、連絡が来たのです。

「講師は『さようなら』を観てブログを書くこと」

私は講演をやり始めた10数年前に、コンテンツを磨きあげたい!という思いから、映画のシナリオ分析の講座に通っていました。

その講座で学んだ“これまでにないもので良いもの”という作品づくりが今の仕事にもつながっています。

もちろん、映画も大好きで、邦画では岩井俊二監督の『Love Letter』、洋画ではジェームズ キャメロン監督の『アバター』がお気に入りです。

今回の『さようなら』は、「死と孤独」がテーマになっています。近未来に大規模な原発事故が起きた日本は、政府から「棄国」が宣言され、“順番”に難民として他国に向かうことになります。しかし、過去に犯罪に手を染めた者や、そもそも難民として日本に来た主人公のターニャは、いつまでたっても避難することができません。

付き合っていた彼氏にも避難先が決まり、ターニャは別れを告げられます。結婚するって言ってくれたのに…。

孤独に耐えられない者は、自らの命を絶ちます。しかし、ターニャには、子供の頃に父親に買ってもらったアンドロイドの「レオナ」がいました。

アンドロイドの「レオナ」は、ターニャとのやりとりをベースに進化していきます。ターニャの感情を学習するため、ターニャが自ら自覚していないような感情をも習得していくところが、とても印象的です。

やがて、ターニャは持病が悪化して避難する前に「孤独死」をしてしまうのですが、レオナは傍で微動だにせずにターニャを看取ります。

その後、数年が経過したとき、突然、レオナが動き出します。なぜ動き出したのかは、作品の核心的な部分なのでお伝えできませんが、私はすごく感動しました。

『さようなら』の深田晃司監督は、「人間とアンドロイドとの違いは、欲望を持って生きるかどうかの違いなのかな」とインタビューに答えています。ラストシーンのアンドロイドの欲望から出た行動に、心が動かされました。

非常に重い作品です。カップルで観に行かないほうがいいです。その後のデートプランが崩壊するリスクがあります(爆)。でも、深田監督のいたずら心なのか、ユーモア?と思われるシーンもいくつかちりばめられています。

感情と欲望について、とても考えさせられる作品です。

年収2倍になった才能の見つけ方・活かし方無料動画セミナー《受講者5,000名以上》

CTA-IMAGE 自分の才能を活かしてキャリア・ビジネスで自己実現したい方へ。才能の見つけ方、才能をお金に変える方法を動画とメールの講座をお届けします。

人工知能時代のハッピーな働き方カテゴリの最新記事