才能の出発点

こんにちは。

才能心理学協会 認定講師の上田博美です。

 

講師仲間がブログを書いていた、映画「さようなら」を観て来ました。

映画の中で才能の出発点につながるエピソードを見つけましたので、今回はそのことについてお伝えしたいと思います。

 

主人公のターニャが、「お父さんが竹の花を見たことがあって、あんまりきれいで感動して泣きそうになった」ことを話しているシーンがありました。

竹の花は、60~120年周期で咲くそうです。

そして、ターニャは、いつ花が咲くかわからないから、竹を見に行くようになったのです。

 

映画の中で、ターニャが友人のサノさんに誘われて自転車で外出し、竹林の側を通った時に赤いものを見つけて花かと思い、竹林の中に入って行くシーンがありました。

それは、ハンカチのようなものが竹に引っ掛かっていただけだったのですが、このシーンから、ターニャが竹の花が咲くのをずっと心待ちにしていたことがわかります。

ターニャは、お父さんから竹の花を見た時のことを聞いて、「私も竹の花を見て、お父さんみたいに感動したい!!」と思ったのでしょうね。

それが、ターニャにとって、心が動いた瞬間だったのです。

そして、ターニャは竹の花が咲くのを待ち続け、竹を見に行っていたのです。

 

あなたも、家族や友人から「楽しかった~」「面白かった!!」「感動した✨」という話を聞いて、同じ体験をしたいと思ったことはありませんか?

実は、それが才能の出発点なんです。

 

才能心理学では、「才能の出発点にあるのは感情」だと定義しています。

なぜなら、才能を手に入れた人の中には、自分が楽しいと感じること、好奇心が沸くこと、幸せを感じることを追求した人がたくさんいるからです。

 

例えば、写真家の星野道夫さんは、好奇心が沸くことを追及し、写真家としての才能を手に入れた人です。

 

星野さんは、子供の頃、お姉さんが北海道に憧れていて、北の地方の素晴らしさを何度も星野さんに話していました。

そのことが、星野さんが北方の自然に惹かれていく原点になりました。

星野さんは、中学生の時に、北海道について書いた本を探して読んだり、北の山に暮らすヒグマのことを考えたりしていました。

子供の頃好きだったシートンの本は北極平原を旅するものでした。

 

星野さんは、二十歳の時に、古書店でアラスカの写真集を発見しました。

その当時、アラスカに関する本はまだ少なく、この本は星野さんにとってバイブルになりました。

何度も何度も繰り返して見ているうちに、アラスカの西端、ベーリング海に面したエスキモーの村、シシュマレフ村を空撮した写真が星野さんの心を捉え、シシュマレフ村にどうしても行きたくなりました。

この写真が、星野さんの人生を変えるきっかけとなったのです。

そして、星野さんは、アラスカの雄大な自然とそこに暮らす人々の素晴らしさを多くの人に伝えたいという思いから、写真家としての才能を手に入れました。

 

あなたは、どんなことに心が動きますか?

才能を手に入れるために、思い出してみましょう。

執筆者:
The following two tabs change content below.
上田博美

上田博美

認定講師一般社団法人 才能心理学協会
書道師範。メーカーに15年勤務。最年少で健康保険組合の常務理事に就任。 2013年11月より才能心理学ファシリテーター養成講座を受講。 当時、一番やりたくなかった書道の先生が才能だと言われたものの、「先生にだけは絶対になりたくない」と思っていたため、激しく抵抗。受講中、小学校の初めての書道授業で、先生に悪い見本として作品をクラスに貼り出されたことを思い出す。 自分が先生の立場になった時に、あの先生のように生徒を傷つけるのが怖くて、「先生にだけはなりたくない」と思っていたことに気づく。 そこで自身の経験を活かし、書道に挫折した人や字にコンプレックスがある人に自信を与えたいと思い、書道講師になることを決意。実際にペン字を教え始めたところ、1ヶ月目に生徒が昇級、好きで続けて来たことが人の役に立つという喜びを得る。 自身の人生を変えた才能心理学の素晴らしさを伝えたいと2014年6月より才能心理学講師養成講座を受講。元々人前で話すことは苦手だったが、トレーニングを受け講師となる。 以前の自分自身のように、過去の失敗や挫折が原因で、自分のことがわからなくなっている人が才能を見つけ、挫折を乗り越えて自信を取り戻せる、自分にも出来ると希望を与えるサポートを目指している。 才能心理学「無料動画セミナー」の登録はこちら
mautic is open source marketing automation