ライフシフトって何ですか?

こんにちは、才能心理学協会の北端康良です。

先日、「ライフシフトって何ですか?」 という質問をいただきました。直訳すればライフは人生。シフトは「向きや位置を変える」という意味。つまりライフシフトとは、人生の向きや位置を変えることで、人生に変化を起こすことです。

私は今のような変化の時代。単に変わるだけでは不十分だと考えています。時代の流れに沿って生き方のベクトルを合わせなければ、どれだけ努力をしても報われないからです。

たとえば経済的には、年金問題や終身雇用の破綻、グローバル化とシェアリングエコノミーの台頭、テクノロジーの進化により仕事は減少・・・。お金の不安は増えています。

健康面では寿命が100年になると言われているので、平均寿命(男性80歳、女性87歳)を前提にしたライフプランや資産設計では対応できなくなっています。みんな100歳まで生きるとしたら、男性なら残り20年、女性なら13年、どうやって食べていくのでしょうか?

政治的にもイギリスのEU離脱、フィリピンでは 「フィリピンのトランプ」と言われるドゥテルテ大統領が誕生し、アメリカではまさかのトランプ氏が大統領に選ばれました。6年前の2010年当時、「2016年にはこういうことが起きるんだよ」 と言われれば、「それはありえない」とほとんどの人がいうでしょう。今は「まさかの連続」が起きているのです。

そこには当然、時代の流れや人々の感情が渦巻いています。

なぜ、今、そんな変化が起きているのか? そのあたりを押さえた上で、自分の才能を活かせる人生戦略を考え、ライフシフトをする必要がある。時代の流れにあった変化をすれば、人生はより豊かになるからです。時代が変われば必要なプラン、考え方、行動も変わります。

しかし残念ながら、私たちが受けてきた教育は 自分の才能を活かす生き方ではなく、言われたことを効率的にこなす生き方。これからの時代、その生き方ではITや人工知能にとって変わられるでしょう。何か変えたほうがいいと思いながら、「何をすればいいのかわからない」のは古い教育による考え方で未来を考えているから。古い教育の考え方そのものがあなたが変われない現実を作り出している部分もあります。

自分の才能に気づけば、その考え方から抜け出して、自分の人生をデザインできるようになります。特に生涯現役時代を考えれば、自分の才能を知り、活かせる仕事を選び、キャリアデザインをしていく必要があります。

才能ディスカバリープログラムでは、こうした時代の流れを押さえながら、自分の才能を見つけ、あなた自身がどうライフシフトすれば、人生をより豊かに生きられるのかを身につける5ヶ月集中コースです。

才能は誰にでもあります。ただその見つけ方を知らないために、自分の才能を活かせずにいる人がたくさんいます。もったいないと思いませんか?

私たちが生きているのは幸福になるため。その一番のリソースはあなた自身という才能です。人生を豊かにするために自分の才能を100%発揮したいという方は才能ディスカバリープログラムにお越しください。ライフシフトを起こしていきましょう!

執筆者:
The following two tabs change content below.
北端 康良

北端 康良

理事長一般社団法人 才能心理学協会
才能 プロファイラー/才能開発コンサルタント。 「クライアントを経済的・精神的に最も豊かにする才能開発」がモットー。 著書「才能が9割 3つの質問であなたは目覚める」、「自分の秘密 才能を自分で見つける方法」(経済界) プロフィール詳細はこちら
mautic is open source marketing automation