正しい練習方法

おはようございます。

才能心理学協会 認定講師の上田博美です。

 

今回は、才能を手に入れるための「正しい練習方法」をご紹介します。

「練習方法に正しいも正しくないもないだろう」と思われるかもしれませんね。

それが、あるんです。

 

私が最初にペン字を教えた生徒は、その当時、通信教育のペン習字講座で、半年以上経っても一度も昇級できず、挫折しそうになっていました。

そして、私がその生徒にペン字を教え始めたところ、1ヶ月目で昇級しました。

 

私は、生徒に一体何を教えたのでしょうか?

 

それは、「字をゆっくり書くこと」です。

 

「そんなこと?」と思われるかもしれませんね。

でも、本当なんです。

 

その生徒は、「字は速く書いた方がいい」と思い込んでいたために、字のバランスが崩れてしまっていました。

どのくらい速かったかと言うと、20文字を15~20秒くらいで書いていました。

皆さんも、一度そのくらいのスピードで書いてみて下さい。

きれいな字を書くのは難しいのではないかと思います。

 

そして、字を書くスピードを、変えました。

今では、20文字を3分くらいかけて書いています。

実際に文字を書いているのは1分くらいですが、お手本を見たり、考えたりしているとそれくらい時間がかかるようになりました。

ゆっくり書くようになってからは、字のバランスがよくなり、その生徒は1年間に4回昇級することができました。

 

私が教える前に、その生徒は「私にはペン字の才能がない」と言っていました。

しかし、そうではなく、練習の仕方が間違っていただけだったんです。

ですから、才能を手に入れるために、上手く行かなかったからといって諦めず、より良い練習方法を探して下さい。

例えば、「できるようになりたい」と思っていることがあり、既にそれを実現している人がいるのであれば、その人にどんな練習をしたのか聞いてみて下さい。

自分が苦手なこと、できないことができる人を見た時に、「あの人はもともと上手にできたんだ」と考えがちですが、実際は練習してできるようになった人がたくさんいます。

私も、ペン字の線がとてもきれいだと評判の先生の作品を見た時に、「この先生はもともと上手だったんだろう」と思ってしまいました。

でも、その先生のようなきれいな線が書けるようになりたくて、どんな練習をしているのか教えていただいて、その先生と同じ練習方法に変えました。

すると、「線が変わってきた」と褒められるようになりました。

 

もし、今諦めたくなっていること、挫折しそうだということがあるなら、自分に質問して下さい。

「もっと良い方法はないだろうか?」

「もっと良い方法を教えてくれるのは誰だろう?」

 

今年は、より良い練習方法を見つけ、才能を手に入れる一年にしませんか?

執筆者:
The following two tabs change content below.
上田博美

上田博美

認定講師一般社団法人 才能心理学協会
書道師範。メーカーに15年勤務。最年少で健康保険組合の常務理事に就任。 2013年11月より才能心理学ファシリテーター養成講座を受講。 当時、一番やりたくなかった書道の先生が才能だと言われたものの、「先生にだけは絶対になりたくない」と思っていたため、激しく抵抗。受講中、小学校の初めての書道授業で、先生に悪い見本として作品をクラスに貼り出されたことを思い出す。 自分が先生の立場になった時に、あの先生のように生徒を傷つけるのが怖くて、「先生にだけはなりたくない」と思っていたことに気づく。 そこで自身の経験を活かし、書道に挫折した人や字にコンプレックスがある人に自信を与えたいと思い、書道講師になることを決意。実際にペン字を教え始めたところ、1ヶ月目に生徒が昇級、好きで続けて来たことが人の役に立つという喜びを得る。 自身の人生を変えた才能心理学の素晴らしさを伝えたいと2014年6月より才能心理学講師養成講座を受講。元々人前で話すことは苦手だったが、トレーニングを受け講師となる。 以前の自分自身のように、過去の失敗や挫折が原因で、自分のことがわからなくなっている人が才能を見つけ、挫折を乗り越えて自信を取り戻せる、自分にも出来ると希望を与えるサポートを目指している。 才能心理学「無料動画セミナー」の登録はこちら
mautic is open source marketing automation