一般社団法人 才能心理学協会 > 才能の育て方 > イクメンパパが開発したあの商品

イクメンパパが開発したあの商品

おはようございます。

才能心理学協会認定講師の松澤祥子です。

講師陣の中ではママの才能開発を専門とし、

ママの隠れた才能を見つけて活かすことで

産前よりも豊かになれる産後のキャリアコンサルティングをしています。

 

さて、

月曜日の雪、すごかったですねぇ。

ちなみに明日も雪らしいですが・・・


小さいお子さんがいるママは移動だけでも一苦労でしたよね。

私も、保育園まで、2人を連れて歩きましたが、

なかなかの地獄でした。笑

出だしは雪で遊びながら、ご機嫌な子供たちでしたが、

道半ばにして、4歳の娘がもう歩けないと言い泣き出しました。

そんなこともあろうかと、

持参した抱っこ紐を取り出し、

17キロを背負って30分歩き続けました。

最後まで自分で歩いてくれた1歳の息子と、抱っこ紐さまさまでしたw


今日は、そんな抱っこ紐を開発したイクメンパパを事例に、

あなたの才能を見つける方法をお伝えします。

IMG_7176

あなたの才能を見つけるために、

「こんなものあったらいいのに」と感じたものを思い出してください。

なぜなら、

才能心理学では、才能を手に入れた人には7つのタイプがあるとお伝えしていまして、

1つ目のタイプは、「ほしいものを追求した人」だからです。

 

■参考書籍 「才能が9割」 残り6タイプを知りたい方はチェック!

 

例えば、

DADWAYという会社をご存知ですか?

ママなら知っているはず、ベビー用品のお店です。

DADWAYの社長さんの白鳥さんは、

その昔、育児を手伝おうとした際に、

売っている抱っこ紐はママ向けに作られたものばかりで、

「男性用の抱っこ紐があったらいいのに」と思ったそうです。

それから、試行錯誤して、男性向けの抱っこ紐を開発したことが、DADWAYの始まりだったそうです。

今では、DADWAYは従業員250名、売上高53億の企業になりました。

つまり、白鳥さんは、

自分の欲しいものから、自分の才能を見つけたのでした。

ということで、皆さんも、

自分の才能を見つけるために、

「こんなものあったらいいのに」と感じたものを思い出してください。

その欲しいものを実現させるために、何ができそうですか?

それを追求していけば、

白鳥さんのように、あなたも才能が開花するかもしれませんよ♪

 

執筆者: