一般社団法人 才能心理学協会 > 才能の見つけ方 > 才能を見つけられない4つの理由

才能を見つけられない4つの理由

才能の見つけ方といえば、よくこんなアドバイスがあります。

  1. 子供時代、好きだったことを思い出そう
  2. 昔、熱中したことを探そう
  3. 他人に聞いてみよう
  4. 新しいことにチャレンジしよう

あなたも聞いたことがあるかもしれません。中にはこの方法で自分の才能を見つられる人もいますが、「いざやってみても自分の才能がわからなかった」という人もたくさんいます。

なぜ、この方法では才能が見つからないのでしょうか? それは才能の見つけ方のコツを押さえていなければ、方法を活かせないからです。

教師に勉強の仕方を教えてもらっても、上司に仕事のやり方を教えてもらっても、なかなか思うようにできないこともあります。自分では教えられた通りにやっているつもりなのに、結果が伴わない。それは勘所をつかめていないからです。

同じように、才能を見つけるにもコツがあります。そのコツを知らなければ、いくら方法を教えてもらっても、永遠に才能を見つけることはできません。

そこでまず才能を見つけるコツを押さえるために、逆説的ですが「才能を見つけられない4つの理由」を紹介します。正しい知識や方法を学んだ後のありがちな誤解やミス、見逃しがちなポイントを押さえれば、才能を見つけやすくなるからです。

1)教えてもらったことがないから

あなたは才能の見つけ方を親や教師から教えてもらったことはありますか?おそらくないでしょう。先ほどの初歩的な4つの才能の見つけ方を初めて知ったという人もいると思います。不思議なことに、私たちは誰からも才能の見つけ方を教えてもらったことがないのです。

その理由は、歴史的に見て、才能の研究が音楽やスポーツ、チェスなど、特殊な世界で行われてきたからだと思います。普通の仕事をする普通の人が「才能には縁がない」と思い込んでしまうのも、こうした背景が影響していると考えられます。

教えてもらったことができないのは努力不足かもしれませんが、知らないことができなくても当たり前。誰も才能の見つけ方を教えてもらったことがない。だから、人に教えられない。これが才能を見つけられない1つ目の理由です。

2)才能が何かよくわかっていないから

「才能って何?」

子供に聞かれたあなたは何と答えるでしょうか? 辞書を引くと「物事を巧みになしうる生まれつきの能力」と書かれていますが、そんなことを言われても「そんな能力はない・・・」と思う人の方が多いもの。そう、私たちは才能が何かをよく知らないのです。そして知らないものを見つけることはできません。

たとえば「机の上にある車の鍵を持ってきて」と頼まれたとします。一生懸命、机の上を探しても鍵が見当たらない。すると「鍵は別の場所にあるだろう」と思います。ところが、頼まれたのはレクサスの鍵でした。実はレクサスの鍵は普通の車の鍵と違い名刺のようなカードキー。見つけられなかったのは、その鍵がどんな形で、どんな色をしているのか知らなかったからです。

知らないものは見つけられない。

同じように才能が何かわからなければ、見つけることはできません。才能を見つけられない2つ目の理由は、私たちが才能とは一体どういうものなのかよくわかっていないからです。

3)すごくなければ才能じゃないと思い込んでいるから

「才能がある人といえば、誰ですか?」と聞かれたら、あなたは誰を思い浮かべるでしょうか? イチロー選手、浅田真央ちゃん、本田圭佑選手、孫正義さん・・・。

おそらく思い浮かぶのは、社会的にある程度の成功や評価を得ている人だと思います。「あんなことをできるのは、あの人しかない」「だから、あの人には才能がある」世間ではそう言われるので無理もありません。すると「才能がある人といえばすごい人。自分の中のすごい所といえば・・・」「特にないな・・・」と、ほとんどの人はここで行き詰ってしまいます。

しかし、よくよく考えてみれば、彼らもはじめからすごい才能を持っていたわけではありません。はじめは小さかった才能の種を、他人が「すごい!」というレベルまで育てたのです。ところが、いざ自分の才能を見つけようと思うと「あの人と比べて自分には大した才能がない」と思いがち。結果、磨けば開花するかもしれない才能の種を「大したことはない」と見過ごしてしまうのです。

才能を見つけられない3つ目の理由は、「すごくなければ才能じゃない」と思い込んでいるからです。

4)才能を見出してくれる人が周りにいないから

学校で勉強ができなかった子供が塾に行き始めて勉強ができるようになった。学生時代、成績が悪かったのに社会人になってから活躍し始めた。監督が変わってから才能を発揮し始めた。あなたの周りにもそんな人はいませんか?

彼らの変化の理由は、才能を見出してくれた教師、上司、コーチとの出会いです。あなたが自分の才能を見つけられない4つ目の理由は、あなたの才能を見出してくれる人にまだ出会っていないからです。

こうしてみると4つ目以外は自分でできること。シンプルにいえば、才能が一体なんなのかよく知らないので、見つけられない。才能が何かを知り、見つけ方を学び、思い込みを外せば、あなたも自分の才能を見つけることができるのです。

→ 次ページ 「才能って何?」子供に聞かれたらどう答える? 執筆者:
The following two tabs change content below.
北端 康良

北端 康良

理事長一般社団法人 才能心理学協会
才能 プロファイラー/才能開発コンサルタント。 「クライアントを経済的・精神的に最も豊かにする才能開発」がモットー。 著書「才能が9割 3つの質問であなたは目覚める」、「自分の秘密 才能を自分で見つける方法」(経済界) プロフィール詳細はこちら