一般社団法人 才能心理学協会 > 才能を活かした経営 > ライザップに学ぶコア・コンセプト経営

ライザップに学ぶコア・コンセプト経営

最近、私の周りでは第二次ライザップブームが起きていています。 

私がライザップに注目したのは数年前。 東京で電車に乗った時、ライザップの広告にダイエットだけではなく料理、ゴルフ、英会話が出ていたからです。 

その時、「なるほど、ライザップの売りは”ダイエット”ではなく、”達成”なんだ」と思いました。つまりライザップのコア・コンセプトは「達成」です。 

ライザップの社長は瀬戸健さん。 ご存知かもしれませんが、彼が起業したのは高校生時代の体験が強く影響しています。 

当時、付き合った彼女は66kgと少し太めの方で、「痩せたらもっと可愛くなるんじゃない?」という瀬戸さんの言葉でダイエットを開始。 

2か月で23kgも痩せて、外見だけではなく、散らかっていた部屋も整理整頓できるようになり、振舞い方、話す内容、話し方もすべて変わったそうです。 

「人は変われるんだ」 

この時の体験が忘れられなくてダイエット目的の豆乳クッキー販売を始めました。

豆乳クッキーでダイエットに成功した顧客もいたそうですが、一方で、「ダイエットに失敗した」という顧客の声も。その時思い出したのが、高校時代の彼女のこと。

「トレーナーがいれば、成功できる!」と思いライザップの経営に至りました。

達成が売りなら、豆乳クッキーでも、ダイエットトレーニングプログラムでも、料理、英会話でも、リハビリでも、受験でもどんなビジネスも展開できます。

才能心理学では、このタイプの経営スタイルをコア・コンセプト経営と呼んでいます。

「当社は顧客に達成を届けるが使命です」と伝えていれば、ライザップが大学受験のための教育サービスを始めても、社員も取引先も顧客も違和感を持たないでしょう。

そして経営者自身がビジネスを起こした個人的なストーリーを語れば、そのビジネスをする意味が生まれ、社員のやる気が生まれます。

経営者の過去の経験、そこから生まれた物語と意味。そしてコア・コンセプト。それらを見つければ、体験を価値として提供し、社員や顧客を物語で巻き込むコア・コンセプト経営ができるようになります。

執筆者:
The following two tabs change content below.
北端 康良

北端 康良

理事長一般社団法人 才能心理学協会
才能 プロファイラー/才能開発コンサルタント。 「クライアントを経済的・精神的に最も豊かにする才能開発」がモットー。 著書「才能が9割 3つの質問であなたは目覚める」、「自分の秘密 才能を自分で見つける方法」(経済界) プロフィール詳細はこちら