一般社団法人 才能心理学協会 > 才能の見つけ方 > 村上春樹流「才能があるかどうかを見極める方法」

村上春樹流「才能があるかどうかを見極める方法」

こんにちは、才能心理学協会の北端です。

才能開発をしていてよく聞かれることの1つが、「私はこの分野に才能があるでしょうか?」という質問。その分野に才能があるかどうか見極めるには、村上春樹さんの次の文章が1つのリトマス試験紙になります。

 

「だいたい小説なんか書かなくても(あるいはむしろ書かないでいる方が)、人生は聡明に有効に生きられます。それでも書きたい、書かずにはいられない、という人が小説を書きます」「職業としての小説家」より

 

 

お金になろうがなるまいが、認められようが認められまいが、せずにはいられないこと。そのせいで生きにくくなったとしてもやめられないもの。

才能を開花させた人には全員、やらずにはいられない衝動、「才能の源泉」を持っています。

 

その分野に「それをせずにはいられない」という衝動、「才能の源泉」があるでしょうか? Yesなら周りが何と言おうがやる。それが自分の才能を開花させ、人生を切り開く第一歩です。

執筆者:
The following two tabs change content below.
北端 康良

北端 康良

理事長一般社団法人 才能心理学協会
才能 プロファイラー/才能開発コンサルタント。 「クライアントを経済的・精神的に最も豊かにする才能開発」がモットー。 著書「才能が9割 3つの質問であなたは目覚める」、「自分の秘密 才能を自分で見つける方法」(経済界) プロフィール詳細はこちら
北端 康良

最新記事 by 北端 康良 (全て見る)