一般社団法人 才能心理学協会 > 才能の活かし方 > 有名チェリストのモデルチェンジ案

有名チェリストのモデルチェンジ案

こんにちは。才能心理学認定講師&ニッチなロングセラー作家の川越満(かわごえみつる)です。

前回、チェリストの水谷川優子さんのディープ・インパクトについて書いたところ、「続きが読みたい」という声を2つほどいただきましたので、無理やり続きを書くことにしました(爆)

前回のブログの最後に、海外生活が多い水谷川さんが日本に帰ってきて最も気になることが「子どもにヒステリックに怒る母親の多さ」だということを紹介しました。

理事長である北端の書籍『才能が9割』をお持ちの方は、118ページを開いてください。才能心理学では、「3つの質問」をベースに、その人の才能や可能性を見つけるお手伝いをしています。 

安心してください。本をお持ちでない方にも「3つの質問」をご紹介します。

Q1:20歳までに「あったもの」、「なかったもの」は何ですか?

Q2:今、興味のあること、または問題だと感じることは何ですか?

Q3:気になる人はどんな人ですか?

「子どもにヒステリックに怒る母親の多さ」に気になるというのは、Q2の「問題意識」とQ3の「気になる人」に関連します。そして、水谷川さんのQ1の「あったもの」には、チェロや両親、恩師の存在・言葉などが入るでしょう。

水谷川さんは母親から節目節目で「(チェロを)やめてもいいのよ」と言われていたそうです。10歳くらいの時に乗馬に憧れた水谷川さんは、「乗馬学校に行きたい」と母親に相談しました。しかし、「乗馬学校に行くのならチェロをやめないと」と言われて断念したと話していました。

「いろんなことをやりたかったけど、天秤にかけてチェロ以上にやりたいものがなかった」

子どもがやりたいことを邪魔せずに何でもやらせてあげるという教育方法もあるでしょう。しかし、水谷川さんの母親は、“チェロへの愛”を再認識させる対応を常に心がけていたのかもしれません。

本当にやりたいことを意識させ、応援する。それが教育であり、子どもの才能を伸ばすために最も大事なことだと感じました。

Q1の20歳までに「あったもの」と「なかったもの」は、「あったもの」を与える人生か、「なかったもの」を獲得していく人生かの判断材料になります。

水谷川さんのケースでは、「あったもの」をこれから与えていくことで、チェリストとして“以外の”活動の幅が広がると思います。

例えば、子育てや教育に関する講演やメディアへの出演などがオススメです。メディアに露出することで、それまで水谷川さんのことを知らなかった人が、水谷川さんのCDを購入したり、コンサートに行くようになります。

もちろん、私もCDを購入しました(^-^)/

以上、勝手に水谷川さんの“モデルチェンジ案”を考えてみました(笑)

執筆者:
The following two tabs change content below.
川越 満

川越 満

認定講師一般社団法人 才能心理学協会
小学6年生の時に卒業アルバム制作に伴って実施されたアンケートで「ユーモアな人No.1」に選ばれたことをきっかけに、マスコミの世界に憧れるも、偏差値35という救いようのない学力で日本の大学への進学を断念。運よくバブル経済の影響で多くの米国大学が日本にキャンパスを設立したおかげで、米国大学日本校のジャーナリスト・マスコミ学科で学ぶ。 20歳の時に、“最も感情が動かされた出来事”(大学に抗議文を提出したら、『こんなに恐ろしい文章を読んだことがない』と言われたこと)をきっかけに、ジャーナリストを目指し、医療・医薬品業界に特化した出版・コンサルティング会社に就職し、1年目から本を出版する。しかし、30歳頃に編集者の仕事に飽き、コンサルタントを目指して密かに転職活動するも、「あなたに紹介できる仕事はない」とエージェントに冷たく言い放たれ、帰り道で号泣。その時、ジャーナリストとコンサルタントをブレンドした「コンサナリスト」という肩書を思いつき、その後は、自ら本を書いて講演活動を行うスタイルを確立。 医療・医薬品業界のオピニオンリーダーとして、朝日新聞夕刊の『凄腕つとめにん』、マイナビ2010『MR特集』、女性誌『anan』など数多くの取材を受けている。現在は「業界入門書の制作」と「医師とMRの相互理解促進」を使命として、役立つコンテンツを生み出しつづけている。著作は30冊以上。肩書の「コンサナリスト」とライフワークの「セルフ・ブランディング」を10年前の2004年に商標登録している。 このように、自ら歩んできた道が正しかったのか?を確認するために「才能心理学」を学び、「サプライズを与える」というコア・コンセプトを導き出した。今後は、以前の自分のように「いまのままでいいのか?」「自分の才能はなんだろう?」と悩める人の才能発掘のお手伝いをしたいと考えている。 才能心理学「無料動画セミナー」の登録はこちら