一般社団法人 才能心理学協会 > 才能の活かし方 > 「やらずにいられないこと」が才能

「やらずにいられないこと」が才能

2017年限定で開催したライフシフトコーチ養成講座。
レジュメのない、実習中心のセミナーでしたが、受講生がレジュメを作ってくれました。

彼の才能は「人や情報をつなげる力」。

筋道がしっかり通った論理がないと、気持ち悪いそうで(笑)、徹底的に資料を作り込む人なのです。

彼のこの才能は資料作りだけではなく、家族旅行のプラニングでも発揮され、電車の乗り継ぎや観光ルートなど、きれいに動線がつながっていないと気持ち悪いとか。(笑)

「徹底的にやらずにいられないこと」は才能ですね。

出来上がった資料はパワーポイントで総数50枚。

その出来栄えはすばらしく、感動しました。

なんのレジュメも渡していないのに、全体像を押さえた上で、個別テーマをしっかり解説してくれて、他のメンバーも理解度がぐっと深まったようです。

来年からパラレルキャリアに移行する彼。今から活躍が楽しみです。

執筆者:
The following two tabs change content below.
北端 康良

北端 康良

理事長一般社団法人 才能心理学協会
才能 プロファイラー/才能開発コンサルタント。 「クライアントを経済的・精神的に最も豊かにする才能開発」がモットー。 著書「才能が9割 3つの質問であなたは目覚める」、「自分の秘密 才能を自分で見つける方法」(経済界) プロフィール詳細はこちら