一般社団法人 才能心理学協会 > 才能の見つけ方 > 悩んで悩んで悩み抜いた人にしか、いいアイデアも才能も手に入らない

悩んで悩んで悩み抜いた人にしか、いいアイデアも才能も手に入らない

 こんにちは、才能心理学協会の北端康良です。

先日、たまたま電車で目にしたコニカミノルタのCM「Innovation for かわいい」。

 

これを見ると、どれだけ技術が発達し、ITやロボット、AIが職場や家庭に入ってきても、人が味わう達成感は変わらないと思います。

 

時代が変わっても、どれだけ技術が発達しても、人は達成感を求める。すべてが快適な世界で、何もすることがない世の中では、人は喜びを感じられないからです。

 

才能も同じです。

才能を開花させた人は周りから「どうして、そこまでやるんですか?」と不思議に思われるくらい、寝食を忘れて仕事に没頭し、お金と時間のすべてをつぎ込み、トレーニングや研究に明け暮れます。自らを苦痛に追い込むこともあります。

 

「そんなことしなくていいのに」
「そこまでやらなくてもいいのに」
「何を一人で熱くなっているんだ?」

と言われても、彼らには何かを犠牲にしても実現したいこと、到達したいゴールがある。

 

それは快適な生活とは言えないかもしれませんが、彼らにとってはやめられないもの。 CMの女性のように、悩まずにはいられないものです。

 

快適な人生を望むなら、才能開花を目指す必要はないかもしれません。
しかし、最高の人生を求めるなら、才能開花はそこに至る最良の道です。

 

あなたが悩んで、悩んで、悩み抜いて、やってきたこと、達成したこと、作り上げたもの、見つけたことは何ですか? そこに才能の芽が隠れています。

執筆者:
The following two tabs change content below.
北端 康良

北端 康良

理事長一般社団法人 才能心理学協会
才能 プロファイラー/才能開発コンサルタント。 「クライアントを経済的・精神的に最も豊かにする才能開発」がモットー。 著書「才能が9割 3つの質問であなたは目覚める」、「自分の秘密 才能を自分で見つける方法」(経済界) プロフィール詳細はこちら
mautic is open source marketing automation