一般社団法人 才能心理学協会 > 新着情報 > 『選択の科学』の前に『才能が9割』

『選択の科学』の前に『才能が9割』

発売2週間で12万部突破!
ベストセラー『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』の著者・高橋政史さんがブログで、「才能が9割」をご紹介くださいました!

今日ご紹介する1冊は『才能が9割』(北端康良、経済界)です。

 この本を読み終えた瞬間、脳裏に浮かんだ1行は、『選択の科学』の前に『才能が9割』。そして、つくづく思うのは「選択が科学できるように、才能も科学できるのかもしれない。そして、才能を科学(客観的な事実に基づき再現性のあるロジックを生み出す)できたら、人は本当の豊かさに巡りあえる」ということです。

 よく「自分には才能がない・・・」という表現を耳にしますが、この本を読むと、この「自分には才能がない・・・」というひと言が、自分の才能を閉じ込める倉庫の鍵として作用し、思うような能力を発揮できない現実が見えてきます。

本書の冒頭は、将棋の羽生善治プロの次の言葉からスタートします。

「私は以前、才能は一瞬のきらめきだと思っていました」
「けれど今は、10年とか20年とか30年とか、
 同じ姿勢で、同じ情熱を傾け続けられることが、
 才能なんだと思っています」

 

続きはThink NOTE. 「頭がよくなるノート」公式サイトへ。

デザインがシンプルで、わかりやすいサイト。
サイトを見ているだけで、頭が整理されてきます。

 

 

 

執筆者:
The following two tabs change content below.
北端 康良

北端 康良

理事長一般社団法人 才能心理学協会
才能 プロファイラー/才能開発コンサルタント。 「クライアントを経済的・精神的に最も豊かにする才能開発」がモットー。 著書「才能が9割 3つの質問であなたは目覚める」、「自分の秘密 才能を自分で見つける方法」(経済界) プロフィール詳細はこちら
mautic is open source marketing automation