一般社団法人 才能心理学協会 > 教育 > 子供の才能を伸ばすママのあり方とは

子供の才能を伸ばすママのあり方とは

おはようございます。

 
才能心理学協会認定講師の松澤祥子です。
 

講師陣の中では、ママの才能開発を専門とし、

ママの隠れた才能を見つけて活かすことで、

産前よりも豊かになれる産後のキャリアコンサルティングを提供しています。

 
 
今日は、「子供の才能を伸ばすママのあり方」について書きます。
 
まず、質問です。
 
もし、あなたの子供が、
 
「学校の勉強はやりたくない。友達と遊んでいたい。」
 
といって、学校の勉強を全くしなかったら、
 
あなたは子供に何と言いますか?
 
 
まだお子さんが小さいママは未来を想像して考えてみてください。
 
 
こんな状況におけるママのあり方が、
 
子供の才能を伸ばすか否かを大きく左右します。
 
 
もし、あなたが、子供の才能を伸ばしてあげたかったら、
 
子供のやりたいことを十分にやらせてあげてください。
 
 
上記の質問の状況でいうなら、
 
「勉強しなさい」と言うのではなく、
 
「好きなだけ友達と遊んでおいで」と言ってあげてください。
 
 
 
なぜなら、「やりたいこと」にその子の才能があるからです。
 
 
例えば、
 
今年ベストセラーになった「ビリギャル」
 
(学年ビリのギャルが一年間で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話)で、
 
主人公のさやかは、ずっと学校の勉強に興味がありませんでした。
 
さやかにとって興味があるのは、友達と遊んだり話したりすること。
 
 
さやかにとって「やりたいこと」とは、
 
勉強ではなく、友達とのコミュニケーションでした。
 
 
そんなさやかが、慶應大学の受験を決めたきっかけは、
 
恩師となる坪田先生との会話でした。
 
 
「君は、何をしている時が一番楽しいの?」
 
と聞かれたさやかは
 
「友達といる時」
 
と答えました。
 
「なるほど、君は友達が大切なんだね。じゃあさ、東京にいってみたら?
 
もっといろんな、話してて楽しい友達ができるよ
 
 
そこから話は弾み、さやかは慶應を目指すことになったのです。
 
結果、ご存知の通り、さやかは見事に合格をし成功を手にします。
 
 
才能心理学では、
 
才能とは、心を突き動かす感情を行動に移した結果生み出される能力
 
と定義しています。
 
 
さやかの心を突き動かしたのは、
 
「もっといろんな、話してて楽しい友達ができる」ことへのワクワクでした。
 
 
ここで、「子供の才能を伸ばすママのあり方」に話を戻します。
 
ビリギャルの話で私が特筆したいのは、
 
さやかが成功を手にするまでの、ママ(あーちゃん)のあり方なんです。
 
 
本編「ビリギャル」の続編として、
 
「ダメ親と呼ばれても 学年ビリの3人の子を信じて どん底家庭を再生させた母の話」という本が出版されています。
 
下記は、あーちゃんの書かれたこの本からの引用です。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
私が、「ワクワクすることだけをしていて、いいんだよ」と言い、
 
のびのびと、したいことを十分にさせてきたことで、
 
さやかは興味のない学校の勉強をさぼっている間に、
 
友達を多く作り、輪を広げていくコミュニケーション能力を立派に培っていたと思います。
 
(途中省略)
 
そして、そうしたコミュニケーション能力と、
 
 素直に自分を信じてがんばれる才能の2つが、
 
大学へ進学した後や、社会に出てからも、
 
大いに役に立っている様子です。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
ビリギャルさやかは、
 
ママから「やりたいことをする自分」を認められて育てられたのですね。
 
 
長くなりましたが、
 
そんなわけで、
 
もし、あなたが「子供の才能を伸ばしたい」と思っているのなら、
 
 
「ワクワクすることだけをしていて、いいんだよ」と言い、
 
のびのびと、したいことを十分にさせてあげてください。
 
 
私は、自分もそんなあり方のママでいたいと思っています。
執筆者:
The following two tabs change content below.
松澤 祥子

松澤 祥子

認定講師才能心理学協会
早稲田大学商学部卒業 在学中米国ポートランド州立大学へ一年間交換留学 日本コーチ連盟コーチ養成講座修了 才能心理学協会ファシリテーター養成講座修了 小学校2年生からバレエの世界へ。15年間バレエ仲間と共に切磋琢磨し、大学時代はバレエスタジオで子供のクラスの講師を任される。 大学卒業後、某大手英会話スクールへ就職。英会話の営業では、1年目でチーム予算達成に貢献。個人の契約率は平均80%を出し(全国平均50%)、新卒社員史上初の入社10ヶ月(通常3年)でスクールディレクターへ昇進。社員向け営業研修の講師を任される。 ばりばり仕事をしてきたものの、出産後、産前のように働けないことにより正社員として続けてきた会社を退職せざるをえなくなる。 産後、才能心理学を学んだことで、自分の才能に気付くと共に、すべての人に才能があるということを実感し、講師になることを決意。 現在は、才能心理学協会認定講師として、ママ専門の才能開発コンサルティングを提供している。 才能心理学「無料動画セミナー」の登録はこちら