一般社団法人 才能心理学協会 > ビジネス > 起業して才能に目覚める主婦たち

起業して才能に目覚める主婦たち

育児中のママや、結婚退職した主婦が特技や趣味を活かして起業するという話が増えています。

http://news.mynavi.jp/news/2014/04/27/117/

女性は男性よりもフットワークが軽く、思い切りもいい。夫だけの収入に頼れない状況を見ると、ますます主婦起業家が増えそうです。

さて、この記事の執筆者によれば、成功している“主婦起業家”は、資金2万円で手芸教室を開いた女性や、夫の病死を乗り越えてアロマサロンを開いた女性など、むしろ条件には恵まれていなかった人だそうです。

才能を開花させた人にはいくつかのタイプがありますが、その内の1つは「追い込まれた人」です。潜在的な才能は、危機的状況によって引き出されますが、これは人が持つ適応力によるものでしょう。

追い込まれるのは、時代の歪や、国のケアーが行き届かない環境にいる人達です。彼らが才能を開花させて成功すれば、同じ環境にいる人にとって、希望や励みになる。彼らは世界に火を灯すリーダーです。これから、そんなモデルケースが出てくるでしょう。

しかし、あなたが今、比較的安定した状況にいるのなら、眠れる才能を引き出すのに、わざわざ、人生で追い込まれる必要はありません。自分で自分を追い込めばいいのです。

自らチャレンジすれば、 才能は磨かれるもの。自分で自分を追い込める人は、才能を磨くスピードが違います。

起業が簡単で、かつ、低リスクな今の時代。
準備ができるまで待つよりも、今の状況を活かして、やりながら才能を磨けば、いいスタートを切ることができます。

執筆者:
The following two tabs change content below.
北端 康良

北端 康良

理事長一般社団法人 才能心理学協会
才能 プロファイラー/才能開発コンサルタント。 「クライアントを経済的・精神的に最も豊かにする才能開発」がモットー。 著書「才能が9割 3つの質問であなたは目覚める」、「自分の秘密 才能を自分で見つける方法」(経済界) プロフィール詳細はこちら
mautic is open source marketing automation