一般社団法人 才能心理学協会 > 人工知能時代のハッピーな働き方 > CNNの「世界を変える8人の天才」に選出された石黒教授のアイデアの絞り方

CNNの「世界を変える8人の天才」に選出された石黒教授のアイデアの絞り方

こんにちは、才能心理学協会の北端です。

 

IT、ロボットが発達する人工知能時代、人間に残されるのは定義できない仕事。単純化できる仕事、たとえば記憶する、検索する、計算するなどの仕事はIT、ロボットのほうが人間よりよほど正確に、上手にできるからです。

そんな時代、人に求めれるのはクリエイティブであること。アイデアを生み出せる人は、ますます活躍していきます。では、どうすればクリエイティブになり、アイデアを出せるようになるのか?

じろーの秘密の独り言より

じろーの秘密の独り言より

その秘訣を大阪大学教授のロボット工学者、石黒浩先生がシンプルに語ってくれていました。

アイデアの絞り出し方 人から聞かれる曖昧な質問に対して、機関銃のように答えを返すと、どんどんいろんなものが繋がって行き、新しいアイデアが芋づるのように出てくる。論理的に早口で話をし続けることが、頭のなかからアイデアを引き出すための極意。ロボット工学者。大阪大学教授

石黒先生は、CNNの「世界を変える8人の天才」や英国コンサルティング会社SYNECTICSの「生きている天才100人」の中で、日本人最高の26位に選出された人物。マツコデラックスそっくりの「マツコロイド」を作るなど、メディアでも話題の方です。

 

アイデアをバンバン出す人は、学者であれ、技術者であれ、経営者であれ、セールスマンであれ、みなさん同じような習慣を持っているように思います。

 

もう1つ付け加えるなら、「自分より賢い人の側にいること」。

「そのアイデア面白い!」

「すごい!」

と思える人の側にいれば、感情が動き、同じ発想法や思考パターンが自動的にインストールされるからです。身近にそんな人がいなければ、会いに行く。そうすれば、頭が刺激され、どんどん新しいアイデアも湧いてくる。

 

知識はそのままではただの知識です。何かとつながり、新しいものを生み出せれば、その分野で、自分の才能を開花させるチャンスがぐっと増えます。

執筆者:
The following two tabs change content below.
北端 康良

北端 康良

理事長一般社団法人 才能心理学協会
才能 プロファイラー/才能開発コンサルタント。 「クライアントを経済的・精神的に最も豊かにする才能開発」がモットー。 著書「才能が9割 3つの質問であなたは目覚める」、「自分の秘密 才能を自分で見つける方法」(経済界) プロフィール詳細はこちら
北端 康良

最新記事 by 北端 康良 (全て見る)