一般社団法人 才能心理学協会 > 受講者の声 > ビジネスマン > 失敗経験が才能に変わった!

失敗経験が才能に変わった!

丹尾 宏司 様(男性)
葬祭関連会社勤務

【受講コース】才能プロファイラー養成講座

コア・コンセプトがわかって、迷いが全部吹っ切れた!

才能心理学を初めて知ったのは、セミコングランプリで北端さんがコメンテーターをされていたのがキッカケです。

どんなことをするのか何も知らなくて、Facebookで紹介されていた「オリジナルコンテンツの作り方」というレポートを読んだ時に、今の仕事はいい仕事だと思っていましたが、何か違うなと感じました。

資格取得の勉強などに行きましたが、いまいち腹落ちする分野が見つからなくて、才能心理学の資料に目を通した時、
「自分が何をしたいのか?」
「何を思って、何をコンセプトに生きているのか?」
を考えた時に、パッと答えが出てこなかったんです。

受講する前に、自分なりに過去を振り返ったんですが、あまり今につながる経験やディープインパクトがないなと思ったので、
「ディープインパクトが見つかるのか?」
「今の仕事とつながっているのか?」
「半年行って、もし何も見つからなかったらどうしよう」
と不安も感じました。

でも「それがわかってないのが悩んでいる理由かもしれない」と思い、参加しました。

 

「失敗経験」から生まれた「才能」

実際に受講してみると、過去の経験をアウトプットしていくことで、無意識にしていたことが明確になり、意識化できました。

僕は仕事とは関係なくても、忙しくても、頼まれると
「この人のために何かしてあげたい」
と思うタイプなんです。

「こんなに疲れているのに、なんで、自分はしてあげたいと思うのかな?」
と思うこともありますが(笑)、体や感情が先に反応しているんです。

今の仕事でも、身内が亡くなられ、
「どうしたらいいんだろう・・・」
と困っている人の所に、体が動いていく。

「どうして自分はそうなるのか?」と不思議でした。

受講中、思い出したのは、昔、いじめられっ子と一緒にいたことで、僕までいじめられるようになったり、先生から絵の書き直しをいいつけられたり、否定されるような経験をしたことです。

受講前は、こうした経験は失敗経験だと思っていました。でも、今は、その経験があるからこそ、彼らの立場に立って、考えられる才能があって、今の仕事につながっていると思います。

生きていた人は、亡くなった瞬間「遺体」と呼ばれるんです。そうした瞬間に「怖いもの」「得体の知れないもの」として 一線引かれて見られてしまうんですよね。そんな遺体となってしまい避けられてしまう人達の為にも 何かしてあげたいと思う自分がいるんです。

そういう意味では形は違いますが、今も昔も弱い立場の人や 困っている人の力になりたいという想いは同じだったんです。

 

コア・コンセプトがわかって、迷いが全部吹っ切れた

セミナーを受講してから、迷わなくなりました。

色々なことを決めなければならない時に、自分の軸になる価値観を「コア・コンセプト」として掴めたので、 目先のことだけで判断しなくなったからです。

最近、保険業界から転職のオファーが来たんですが、保険業界は保険に入れる人が対象です。 しかし実際には、入院して保険に加入できない人がいたり、お金が厳しくて加入できない人もいます。

僕は弱い立場の人や、困っている人の力になりたいと思っています。保険に入れる余裕のある人より、入れない人の力になりたいので、
「これは自分の行きたい方向性じゃないな」
と判断できました。

決断するときに、立ち止まるきっかけ・判断材料ができました。コア・コンセプトを明確にしていなければ、転職した後に、「なんか、この仕事違うな」と悩んでいたかもしれません。

目先のことではなく、自分がどんなビジョンをもって やっていきたいのか考えて判断できる。 「客観的な基準」ができたので、迷いが全部吹っ切れるようになりました。

 

どんな意見でも尊重してくれる仲間の存在が大きかった

コア・コンセプトを掴めたのは、安心・安全な場所で、自分の過去をアウトプットできたからだと思います。一緒にセミナーを受講した人達が、そんな空気感を作ってくれました。

同じように才能心理学を学んでも、会社や友達の中だったら、「それは違うよ」とか「こうだろ」とか批判・説得されて、 出てこなかったと思います。

人との違いを尊重できる空気感があり、 自分の意見を何でも話せる場所があったのが大きいですね。

 

言葉にしてアウトプットすると進み度合いがぜんぜん違う

知識やノウハウなど、インプットするセミナーが多いですが、才能心理学はアウトプットが多いセミナーです。

自分の頭の中だけで考えていてもなかなか進まない事が、言葉にしてアウトプットすると進み度合いがぜんぜん違います。全員で課題をこなしていくので、他の参加者がメールコーチ にどんな投稿をするのか。どんなレポートを書くのか。考え方の違いがわかるのもとても面白いです。

日頃は、自分のものの見方、考え方で判断しがちですが、「人によってこういう見方があるんだ」 と、他人の視点がリアルに見て、学べたのが良かったです。

 

「最後まで自分らしく過ごせる世の中」に貢献したい

 僕は葬儀関係の仕事をしています。亡くなられた方の中には事故などで遺体が傷ついている ケースもあります。「最後まで自分らしく過ごせる世の中」に貢献したいと思っているので、遺体の復元を専門的にやっていきたいと思っています。

もう1つは、そうなる前のお手伝いもしたいと思っています。最近、カウンセリングの勉強を始めたのですが、同世代の人でも、悩んでいる人がいます。 勤めている人も、社会に出られない人もいると思いますが、彼らには、より自分らしく生きられる支援を。

残念ながら亡くなられた方には、最後までしっかりと送って あげられる技術を身につけて「最後まで自分らしくいられる」 エンディングパートナーでありたいと思っています。

 

「何をするのか」の前に「自分がどうあるか?」

 ちょっと前の僕は、「何かやりたいけど、何をしたらいいのかわからない人」 でした。

僕の周りにも、そういう人がいっぱいいますが、そんな人が才能心理学を受講すれば自分が見えてくると思います。

「何をするのか」の前に「自分がどうあるか?」 自分のあり方に気づくことは、とても大切だと思います。 何をしたらいいのか迷っている人が受講すれば 「コア・コンセプト」や「仕事のテーマ」を掴めて、 いいスタートを切れると思います。

 

編集後記

丹尾さんの体験談はいかがでしたか?

才能心理学のセミナーを受講された方の中には、 過去の失敗経験やコンプレックスが才能に変わった方が たくさんいらっしゃいます。

以前ご紹介した、書道講師を始められた女性も同じタイプです。
◆一番やりたくないことが、才能だと気づきました

 あなたの人生に「なかったもの」。
その経験が同じような経験をした人を理解し、 「力になりたい」という才能の源泉に変わります。

そういう方はみなさん、
「自分のすべてを肯定できるようになった」
「やる気やエネルギーが湧いてきた」
と言われます。

特に世の中にある社会問題を解決する人は、 「なかったもの」が原動力になる方が多いようです。

丹尾さんのように自分の失敗経験をパワーに変え、 人を幸せにする才能を掴みたい方は、 才能プロファイラー™養成講座を受講下さい。

才能プロファイラー™養成講座のご案内 

執筆者:
The following two tabs change content below.
一般社団法人 才能心理学協会事務局

一般社団法人 才能心理学協会事務局