一般社団法人 才能心理学協会 > 受講者の声 > 専門家 > 社名ではなく、自分の名前でビジネスができるようになった!

社名ではなく、自分の名前でビジネスができるようになった!

キャリア・コーチ
桃崎 涼太 様
(男性)

【受講コース】才能ディスカバリープログラム

業務委託のような仕事から脱したかった

才能心理学のセミナーを知ったのは、独立して半年ほど経った時期でした。
当時は、付き合いのある方から仕事の案件が来て、受けていました。

独立はしたものの、それでは業務委託。
自分のビジネスをしている実感はなく、 誰かの代わりに仕事をしている感じでした。

そんな状況を脱して、自分で価値を生み出せるビジネスをしたいと思っていました。

サラリーマン時代の実務経験があったので、「あれもできる」「これもできる」 という自信はありました。でも、すべてがバラバラで、リンクしていませんでした。それを目に見える一貫した形に整理整頓したかったんです。

それからしばらくして、才能心理学の2時間セミナーに参加して、「自分が求めていたのはこれだ!」と思いました。

とはいっても、それなりの金額だったので迷いました。
一番不安だったのは「才能が見つからんかったらどうしよう」と。(笑)
「目的を達成できなかったらどうしよう」という不安はありましたね。

でも、「現状を突破するにはこれしかない!」と思ったので、参加しました。

 

自分の才能に蓋をしていたと気づいた

このプログラムで得た一番の収穫は、北端さんに「3つの質問」で、才能を紐解いてもらったことです。 あれは、一番インパクトが大きかったです。

たとえば、僕は「ルールを守る」「人に迷惑をかけない」 ということをプラスの意味だけで捉えていました。 社会人にとっては当然のことだと思います。

でも、人生を振り返った時に、それがコンプレックスというか、過去のネガティブな経験から、出てきていることに気づいたり、そこにこだわりすぎるために壁にぶつかったり、自分の才能に蓋をしてしまっていたと気づいたんです。

いい面ばかり見ていましたが、実は、自分の足を 引っ張っていることに気づけたことが大きいです。 自分一人では、ここまで掘り下げて気づけなかったと思います。

 

仲間の視点に助けられた

コースに参加して役に立ったのは、一緒に受けていた仲間の視点です。
ワーク中や懇親会で、いろんな人が、さまざまな視点から突っ込みをしてくれました。

大きな土台は「才能心理学」。
その土台を共有した上で、 仲間が色々な視点からアドバイスをくれました。
北端さんだけじゃなく、 集まっている人達との交流から生まれた視点は大きな収穫です。

 

「あなたにお願いしたい」と言われる喜び

一番大きな成果は、自分の名前でビジネスができていることです。

サラリーマンの人はわかると思いますが、 今までは「◯◯会社のコンサルタントの桃崎」だから仕事をもらえていた感じです。 お客様が信頼しているのは僕ではなく、「◯◯会社」という看板でした。

それが今では会社名がなくても 「桃崎」という名前で仕事ができています。

「桃崎涼太と付き合いたい」
「桃崎涼太が生み出したサービスを利用したい」

と言ってくれるクライアントさんと仕事ができるようになったのが一番うれしいことです。

それは、コース中に、自分のコア・コンセプトやビジョン、 ミッションが明確になったこと。僕のサービスを利用してくれたクライアントに 得て欲しい感情が明確になったからです。

 

成果は独自のサービス「あなただけのキャリアの教科書作り」 ができたこと

具体的にやっているのは「あなただけのキャリアの教科書作り」です。

サラリーマン時代からブログを書いていて、「いつか、ビジネス書を書きたいな」と思い、 大量のビジネス書を読み漁っていました。そのなかで、著者が言っていることはわかるけど、「自分はどうしたらいいんだ?」という疑問があったんです。

「ステップ1,2,3と書かれているけど、できないぞ」と。

25歳の時から、「自分バージョンの本が欲しい」と ずっと思っていました。
単にビジネス書を書くのではなく、一人一人にあったビジネス書を書きたいと思っていたんです。

この6ヶ月間で、それを1つの形にして「あなただけのキャリアの教科書作り」というサービスを始めました。

以前は「僕ならこんなことができます」と言えなかったので、クライアントが欲しいものを聞き出してから、合わせざるを得ませんでした。その結果、自分が何屋さんかわからなくなっていました。

でも、今は、僕が提供したいサービスの価値を伝え、クライアントにも感じて、理解してもらい、 共感してくれた人や、興味を持ってくれた人と 仕事ができるようになりました。

このように変われたのは、100%を目指さなくなったからだと思います。
今までは、100人いたら100人全員に対して、100点を目指していました。
でも、今は100人いても、その内の20人に絞って、120%の力を発揮して貢献したいと意識が変わりました。

実際にサービスに申し込んでくれている人がいるお陰で、この考え方でいいと体感でわかったんです。

 

鎧を脱げばスッキリする!

 知識やノウハウを教えるセミナーはたくさんありますが、 このプログラムは、受講者一人一人のことをじっくり考えて、それぞれに合ったアドバイスや進め方をしてくれます。

それと6ヶ月、継続して学ぶので、理解が深まること。
そして参加者同士の横のつながりができることですね。

 

  • 「ポテンシャルは高い」と言われながらも、まだ表に出ていないもどかしさのある人
  • 今まで頑張ってきたけど、思うように結果が出ていない人
  • 行動と成果が結びついていない人

そういう人はスッキリすると思います。

僕は鎧をずっとつけている感じがありました。 鎧を着て、よく見せるほうがいいと思っていましたが、 脱いでスッキリしましたし、裸のほうがカッコイイと 思うようになりました。まだ着ているとは思いますが(笑)

 

「キャリアの教科書作り」を広めたい

 来年一杯、「キャリアの教科書作り」をやって 体系化したいと思っています

今は個人事業主で、職人的な働き方をしていますが、それだけでは、自分が動かないと仕事にならないので、社会にインパクトを与える仕事をするため、「キャリアの教科書作り」をノウハウ化し、他の人でもできるようにしたいと思っています。

そして、いずれベンチャー企業や中小企業の若手社員に 使ってもらえるように法人に展開していきたいと思っています。

 

編集後記

自分の名前でビジネスができるようになった桃崎さんの 体験談はいかがでしたか?
独立を考えている方や専門家の方は、同じような望みを持っているかもしれません。

優秀な方はさまざまなスキルを持っています。
そのため「あれも、これもできる」と、 逆に自分の強みがわからなくなることもありますが、それが1つにつながった時、 自分の才能や売りも見つかるようです。

桃崎さんはこの6ヶ月、ご自身に向き合い、 コア・コンセプトやビジョン、ミッションを明確にされました。

それをサービスに変えたのが「キャリアの教科書作り」。

昔からあった「自分バージョンの本が欲しい」という望みを形にしたサービスです。

「自分が欲しかったもの」や「 最も力になりたい人」を見つけた時、 才能を活かしたサービスも見つかるようです。

桃崎さんのように

  • 自分の才能を見つけ、キャリアやビジネスで活かしたい方、
  • 才能を活かした商品作りをしたい方

は才能ディスカバリープログラムを受講下さい。

才能ディスカバリープログラムのご案内 

執筆者:
The following two tabs change content below.
一般社団法人 才能心理学協会事務局

一般社団法人 才能心理学協会事務局