一般社団法人 才能心理学協会 > 才能を活かした働き方 > これから専門家・教師に必須「インタラクティブ・リテラシー」

これから専門家・教師に必須「インタラクティブ・リテラシー」

昨日、無料でおんらい授業を提供するスクーの森社長の話を聞いて、これから専門家や教師として活躍するには「インタラクティブ・リテラシー」が必要だと感じました。

10930077_836740429697419_8978595746027692275_n

インタラクティブは双方向。リテラシーは「読み書き能力」と言われますが、ウィキペディアの説明が一番ピッタリ来ると思います。

「何らかの表現されたものを適切に理解・解釈・分析・記述し、改めて表現する」(ウィキペディアより)

 

つまり専門家や教師も、自分の持っている情報や知識を一方的に伝えるのではなく、目の前のクライアントや生徒やその場にあった形で伝え、コミュニケーションやブレストを行い、アイデアやインスピレーションが生まれる場作りをするというイメージです。

 

アメリカを始め、各国で無料のオンライン授業が出ていますが、コンテンツが無料化すれば、教師の仕事は生徒と共有する時間の中で、価値を生み出せる力になります。

 

ネットによって情報の価値は下がり、知識デフレが起きています。今、講師になる人が増えていますが、増えるものはコモディティ化し、価格は下がります。

 

一方で、モノが売れないと言われながらも、ストーリーのある商品は人気です。USJやディズニーランド、映画が人気なのもその表れ。ストーリーは読み手を想定したものなので、これもインタラクティブ・リテラシーの賜物です。

 

簡単にいえば、自分が最も得意とする分野で才能を発揮し、誰と会っても楽しく話せて、笑い合えて、問題解決や目標達成のアイデアが出て、一緒に実現するまで走れれば、OKということです。

執筆者:
The following two tabs change content below.
北端 康良

北端 康良

理事長一般社団法人 才能心理学協会
才能 プロファイラー/才能開発コンサルタント。 「クライアントを経済的・精神的に最も豊かにする才能開発」がモットー。 著書「才能が9割 3つの質問であなたは目覚める」、「自分の秘密 才能を自分で見つける方法」(経済界) プロフィール詳細はこちら
mautic is open source marketing automation