一般社団法人 才能心理学協会 > 才能の見つけ方 > 「ダメと言われてもやりたい」から見つける才能

「ダメと言われてもやりたい」から見つける才能

おはようございます、才能心理学協会認定講師の松澤祥子です。

講師陣の中では、ママの才能開発を専門とし、

ママの隠れた才能を見つけて活かすことで

産前よりも豊かになれる産後のキャリアコンサルティングをしています。

 

さて、

子供って、なんで「ダメ」って言うと喜んでやるんですかね。

うちの子達も、

テレビ画面を手でペタペタ。

嗚呼・・・さっき磨いたばかりなのに・・・

私が「ダメ」というと、ヒートアップして

めっちゃ嬉しそうにペタペタペタペタ。

手だけでは飽きたらず、足形まで付け出す始末。

まじでやめてーーーー

IMG_5069

さてさて、今日は、

「ダメと言われてもやりたい」をヒントに、

才能を見つける方法を紹介します。

 

自分の才能を見つけるために、

これまでの人生で、

「ダメと言われてもやりたい」と思ったことや、

実際にやってきたことを思い出してください。

なぜなら、

才能心理学では、才能を手に入れた人には7つのタイプがあり、

2つ目のタイプは「やりたいことを追求した人」だからです。

 

■参考書籍 「才能が9割」 残り6タイプを知りたい方はチェック!

 

例えば、

例えば、世界的なバレエダンサーの吉田都さんをご存知ですか?

都さんは、幼稚園の時に友達のバレエの発表会を観に行って、すっかり魅了されたそうで、

すぐにお母さんにバレエを習いたいと伝えました。

でも、最初はお許しが出ずに却下されました。

もし、皆さんが、やりたいことを、やりたいと伝えて却下されたら、どうされますか?

諦める方、諦めない方いらっしゃると思います。

では、どれぐらいの期間、諦めずにいられるでしょうか?

都さんは、実際にお許しが出たのは9歳の時だったそうで、

5年間、諦めずにお願いし続けていたそうです。

それぐらいとにかくバレエをやりたい気持ちが強かったんですね。

そして、結果、世界的なバレエダンサーとして才能を発揮されました。

というわけで、皆さんも、

自分の才能を見つけるために、これまでの人生で、

「ダメと言われてもやりたい」と思ったことを思い出してください。

実際にやってきた人も、

やりたかったけど諦めてしまった人も、

あなたの才能を信じて、追求してほしいなと思います。

執筆者:
The following two tabs change content below.
松澤 祥子

松澤 祥子

認定講師才能心理学協会
早稲田大学商学部卒業 在学中米国ポートランド州立大学へ一年間交換留学 日本コーチ連盟コーチ養成講座修了 才能心理学協会ファシリテーター養成講座修了 小学校2年生からバレエの世界へ。15年間バレエ仲間と共に切磋琢磨し、大学時代はバレエスタジオで子供のクラスの講師を任される。 大学卒業後、某大手英会話スクールへ就職。英会話の営業では、1年目でチーム予算達成に貢献。個人の契約率は平均80%を出し(全国平均50%)、新卒社員史上初の入社10ヶ月(通常3年)でスクールディレクターへ昇進。社員向け営業研修の講師を任される。 ばりばり仕事をしてきたものの、出産後、産前のように働けないことにより正社員として続けてきた会社を退職せざるをえなくなる。 産後、才能心理学を学んだことで、自分の才能に気付くと共に、すべての人に才能があるということを実感し、講師になることを決意。 現在は、才能心理学協会認定講師として、ママ専門の才能開発コンサルティングを提供している。 才能心理学「無料動画セミナー」の登録はこちら
mautic is open source marketing automation