一般社団法人 才能心理学協会 > 才能の育て方 > 才能は誰にも負けない努力から

才能は誰にも負けない努力から

こんにちは、才能心理学協会・認定講師の澤田です。

 

やりたいことが決まって、その方向性に進みだしても必ずしも順風満帆というわけにはいきません。

 

例えば前回取り上げたノーベル医学・生理学賞を受賞したiPS細胞研究者の山中伸弥先生。

 

話は先生がアメリカのグラッドストーン研究所でES細胞の研究を始めて日本に帰国した時のことです。

 

当時のES細胞の研究はマウスES細胞の段階。医学で応用できるかどうかも不透明だったそうです。

また日本ではES細胞の研究はまだメジャーなものではありませんでした。

 

そのためやっている研究について相談する相手も理解してくれる人もなく、もっと医学に役立つことをやった方がいいのではと、アドバイスを受けたこともあったそうです。

 

米日の研究環境の違いもあって、先生はうつになってしまい、研究をやめようと思うところまで追いつめられました。

 

しかし、先生はくじけず研究を続け、海外での人のES細胞成功のニュースも追い風になり、今日のiPS細胞へとつながりました。

 

JALを再生させた京セラの稲盛和夫名誉会長は、自ら主催する盛和塾で、誰にも負けない努力を注ぎ続けることの大切さを塾生である経営者にいつも説いています。

 

やりたいことを見つけても本当の意味で努力を続けることは、決して生半可なことではないと思います。でも自ら努力する姿を見せていけば、周囲の反応は確実に変わります。

 

私も一時塾生として稲盛名誉会長の教えを受けたことがありますが、山中先生の話を知り、改めて才能は誰にも負けない努力からだと思いました。

執筆者:
The following two tabs change content below.
澤田浩一

澤田浩一

認定講師一般社団法人 才能心理学協会
精神科ソーシャルワーカーを経て、経理・総務・人事等の業務に従事後、2001年より計測器メーカー㈱サワダ製作所を経営、中小企業経営者のパートナーとして才能心理学、TOC、NLPを使った組織作り支援を展開。 才能心理学「無料動画セミナー」の登録はこちら
mautic is open source marketing automation