一般社団法人 才能心理学協会 > 才能を活かした働き方 > 「会社を辞めたい」と思ったときには?

「会社を辞めたい」と思ったときには?

こんにちは。

才能心理学講師の「アンジー」こと 野村式栄(のむらのりえ)です。

主に30~40代の方を対象に、 才能発見をする価値をお伝えしつつ、 「よろこび・やりがい・希望」が続くライフスタイルを作る ビジネスパーソン向けのキャリアコンサルタントをしています。

 

突然ですが、あなたは

「転職したい!」

と思ったことはありませんか?

 

 

 

「会社を辞めたい」 「転職したい」と思うとき、
自分の本当にやりたいと思えるコトが見つかった転職は、
Happyですよね。

 

でも一方、よく聞くのは、

「この会社(仕事)は自分に合っていないんじゃないか?」

「これって本当にやりたいことだったのかな?」

「思っていたのと違う・・・」

という理由も、多いと思います。

 

 

私も会社員時代、この理由で「転職」を考えたことが
3年に1回くらいありました(笑)

 

結局、当時は会社を辞める勇気がなく、実行に移せませんでしたが、
才能心理学を学んだ後は、結果的に当時の会社は辞めなくて
よかったと思います。

 

なぜなら、「辞めたい理由」と「新しい仕事(会社)をしたい理由」が
違うことがわかったからです。

そうすると、Happyな転職にはつながりにくいですよね。

 

才能心理学では、「感情や欲求が才能のベース」になっています。

 

ポイントは、ここでの「感情」
自分の価値観につながる感情であり、
一時の感情とは、別物です。

 

「辞めたい」という思いだけで起きている一時の感情は、
もしかしたら自分の本当の感情や欲求ではない可能性があります。
(もちろん、ハラスメントや過重労働など、
企業が法律を守っていない環境下では別ですよ。)

 

「転職したい(仕事を変えたい)」と思った時には、
スキルや経験・待遇だけでなく、

「なぜ辞めたいのか?」 
「なぜ新しいこの会社に行きたい(仕事をしたい)のか?」

・・・の自分の価値観につながる感情や欲求についても、ぜひ考えてみて下さい。

 

そして、スキル・経験の整理をした上で、自分理由が
自分の価値観につながる感情や欲求に沿っているのなら、
転職を本格的に考えることもアリだと思います。
 

 

 

転職を考える時に、 「辞めたい理由」が一時の感情
「新しい仕事をしたい理由」(自分の感情は無視して)がスキルや経験だけ
・・・というモノサシで図っている人も 多いです。

 

例えば、

ある企業のサラリーマンAさんは、転職して4か月。
前の会社は、「家から近い」という理由だけで入社してしまいました。
特に会社の業種や仕事にも興味が持てなかったそうです。

さらに、「毎日上司から言われることだけをする」仕事のスタイルがイヤで 転職しました。

 

新しい会社は元々興味のある仕事で、
転職前にホームページで見た「理念」に共感し、
試験を受けて、無事に転職に成功しました。

 

ただ、この会社では、上司からの指示よりも
自分で「コレをやりたい!」が 求められていました。
好き嫌いが元来はっきりしているAさんは、
「自分の興味のある仕事ができる!」
と 意気揚々でした。

 

が、しかし・・・・

 

 

直属の上司は職人気質で、
「自分で考えろ」が基本の人。口調もちょっとコワイ感じ。

Aさんは、「口調がコワイ」人が苦手だったので、 まず、拒否反応。
しかも、前の会社の「細かい指示」での仕事に慣れてしまったAさんは
なかなか仕事のペースがつかめません。

 

そんなある日、前の会社のホームページを見ると、
自分がやっていた仕事には、まだ「空き」があるのを発見。

 

「前の会社の方が楽だったなぁ~・・・」

 

Aさんは、元の会社に戻りたくなってしまいました。

 

 

さて、Aさんは前の会社に戻るのが Happyでしょうか?

 

お話を聞くと、Aさんは新しく転職した会社のホームページを見たとき、
「社会人になってはじめて『ココで働きたい』と思った」そうです。

であれば、一人の上司の影響で 初めて価値観につながる「感情が動いた」仕事を手放すのは、 もったいないですよね。

Aさんは、 「苦手な上司とのコミュニケーションをどうすればよいか」の対処方法を覚え、 今では「自分の好きな仕事」に励んでいます。

 

 

例えば、 Aさんの初めの就職の時に、自分の価値観につながる感情や欲求に沿って 仕事を選べていれば、このような右往左往も避けられたかもしれませんね。

それと同じように、あなたが今お勤めの会社(仕事)でも、
自分の価値観につながる感情や欲求に沿った新しい見方ができれば
キライな仕事も好きになる部分ができるかもしれません。

 

新しい仕事を選んだとしても、
後悔なく、豊かな人生になる働き方が できるでしょう。

 

 

「会社を辞めたい!」と思ったときは、

「自分の本当の欲求はなんだろう?」という 視点も
ぜひ、持ってみることを お勧めします。
 

 

 

社会人にとっては、
なんだかんだいって
「仕事をしている」時間が
1日で一番長いですよね。

Happyな働き方で、 人生をアップグレードしてください!

執筆者:
The following two tabs change content below.
野村 式栄

野村 式栄

認定講師一般社団法人 才能心理学協会
才能心理学協会認定講師/キャリアコンサルタント・キャリアコンサルタント 商社開発営業を経て、産業カウンセラーとして10年間で3000人のカウンセリングを実施。現在は、才能発見の醍醐味を伝えるとともに、「喜び・やりがい・希望」が続くライフスタイルを作るサポートをしている。 才能心理学「無料動画セミナー」の登録はこちら
mautic is open source marketing automation