一般社団法人 才能心理学協会 > 才能をお金に変える方法 > 手帳で時間の「浪費」を「投資」に変える

手帳で時間の「浪費」を「投資」に変える

こんにちは。認定講師のアンジーこと、野村式栄(のむらのりえ)です。
自分の才能を活かしたライフスタイルを、手帳を活用して再構築するサポートをさせていただいています。

今年に入ってから、才能心理学協会でも「100年時代 自分が望むライフスタイルを実現する『手帳セミナー』」を開催しています。
自分の才能を活かすようになってから、手帳術を活かして一番忙しかった会社員時代のころから比べ仕事の時間を1/2にし、毎年140%の売り上げアップを実現させています。

 

さて、あなたは、自分の時間を「投資」していますか?「浪費」していますか?

世の中には、お金持ちな人もそうでない人もいろいろいますが、お金がある人にもない人にも平等に与えられているもの。 

それは,「時間」です。

 1日24時間1年365日、人に平等に与えられている「時間」をあなたは、どのように使っているでしょうか? 

ビジネスで成功している人ほどお金以上に投資をしているものも「時間」です。

ビジネスが上手くいくとお金は増やせますが、時間は増やせません。だから、成功している人は時間を「浪費」ではなく、「投資」に使っているんです。例えば、スティーブ・ジョブズが洋服を選ぶ時間がもったいないと、いつも同じ服装をしていたのは有名な話です。

 

手帳のコンサルをしていると、クライエントの方が

「この時間は何をしていたのか、覚えていません」

「たぶんテレビを見ていたんだと思うけど、内容が思い出せません」

とおっしゃる姿がよくあります。使途不明な時間がとても多いんです()

 

私もテレビっ子なのでテレビに夢中になったり、お気に入りの場所でボーッとしたりすることが大好きなので、

「一秒惜しんで仕事をしなさい!」

と言われたら、イヤになっちゃいます。むしろ、仕事の質も落ちると思います。

 

問題なのは、「何に使っているかわからない時間」が多いこと。

これは、時間の「浪費」です。

 

仕事をしていなくても、リラックスするために、テレビを見たりホーッとすることをちゃんと楽しんでいるかが、重要なんです。ステキなアイデアだって、リラックス状態があるからこそ生まれるわけですよね。 

手帳に「投資時間」としてリラックスする計画を入れたり、このように、大切な自分の人生の一部である時間をちゃんと「投資」に使えることが、自分の才能を発揮することにもつながってきます。

先日コンサルをした50代の会社経営をされている女性Mさん。
彼女もこの「使途不明時間」を合計すると、起きている時間で換算して1週間になんと約2日間!とてももったいないですよね。

一緒にその中身を解明してみると、そのほとんどがSNSをしている時間でした。

スマホのポップアップをオフにして、友人から来るメッセージ返信には時間を決めてお返事することに。もちろん、「緊急だったらどうしよう」という不安もあったので、よくメッセンジャーを使うご友人にも「急ぎの時には電話してね」とご協力してもらうことにしました。

1か月続けてみると、SNSをしなくても不安にならずに自分のリラックス時間を楽しんだり、「いつかやろう」と思って何年も放置していた古いものの片づけもあっという間に完了するという結果を手にされました。

Mさん曰く、「何年も気になってい出来ていなかったことが、ちょっとした工夫でこんなに簡単にできるなんて・・・」

ちょっとした工夫で、ライフスタイルも簡単に変えることができます。

 

まずはあなたも、自分の時間を「投資」に使っているか「浪費」してしまっているか、ぜひチェックしてみては、いかがでしょうか?

 

自分の「浪費時間」を「投資時間」に変えたい方は、ぜひ9月21日(木)に行われる
「人生100年時代 自分が望むライフスタイルを実現する手帳セミナー」
へぜひお越しください。

 

執筆者:
The following two tabs change content below.
野村 式栄

野村 式栄

認定講師一般社団法人 才能心理学協会
才能心理学協会認定講師/キャリアコンサルタント・キャリアコンサルタント 商社開発営業を経て、産業カウンセラーとして10年間で3000人のカウンセリングを実施。現在は、才能発見の醍醐味を伝えるとともに、「喜び・やりがい・希望」が続くライフスタイルを作るサポートをしている。 才能心理学「無料動画セミナー」の登録はこちら