一般社団法人 才能心理学協会 > 才能の磨き方 > 目標達成のためのたった2つのコツ

目標達成のためのたった2つのコツ

こんにちは。

才能心理学講師の「アンジー」こと 野村式栄(のむらのりえ)です。

 

主に30~40代の方を対象に、 才能発見をする価値をお伝えしつつ、
「よろこび・やりがい・希望」が続くライフスタイルを作る
ビジネスパーソン向けのキャリアコンサルタントをしています。

 

さて、2016年も始まっちゃいましたねぇ~。

みなさん、気持ち新たに 目標などは立てられましたか?

よく、「新年に目標を立てる」人が多いですが
なかなか達成できない目標あるのでは
ないでしょうか。

 

 先日、知り合いの方に

「目標達成には、2つのコツがある」

と いうお話を聞きし、なるほどなぁ~と思いました。

それを聞いて思い出したのは、私が趣味で習っている
フラダンス教室の大会チームのことでした。
私の同じクラスの何人かがこのチームにチャレンジ。

 

そして、このチームは昨年この2つのコツを実践していき
まさしく「目標の達成」という結果を手にしました。

 

 

「今年こそ目標達成したい!」 という方には、
ぜひ試していただきたいので、参考にしてくださいね。

 

 

まずひとつめのコツは、

あたりまえのことなのですが・・・

「始める」

こと です。

なぜなら、「始める」ことをしないと 2つ目のコツも使えないんです。

 

フラダンスの大会チームは、 年齢によってクラスは違いますが、
(ちなみにこの大会メンバーは45歳以上)
今回のチームに入れる条件は 「やる気があること」 だけでした。

 

そして、希望するメンバーたちは、
まずはワークショップに参加。

自分で大会までのレッスン(大会間際では週3~4回) に
ついて行けるかどうかの確認の意味でも ワークショップを受けます。
 

 

ここで、自分が「チームに参加する」決意の
行動をまず起こす
ということです。

 

その後、このチームは普段のレッスンに加えて
大会のレッスンや自分達の自主練を続けます。
週3回くらいのペースで半年以上でした。

 

2つめのコツは、この

「続ける」

です。

45歳以上ともなると、仕事や家庭とのバランス
(週3回ともなると、家族の協力は不可欠ですよね)、
そして体力との勝負・・・。

いろいろと乗り越えるものも多かったと思います。

 

そんな中で、メンバーが取り組んでいたことは
厳しい大会レッスンや仕事・家庭との調整を
みんなで励まし合いながら
「いかに楽しむか」
という工夫をしながら 実行し続けた結果、
続けられたんだと思います。

 

 

 

本当に、周りで見ていても
笑いあり、涙あり・・・の練習期間。

オトナになると、学生時代のクラブ活動のように
自分の感情をフルに発揮しながら 取り組むことって、
なかなかないんじゃないでしょうか?

本当によく頑張った!と思います。

 

 

その結果、11月に行われた東京大会で
他の優勝候補を見事押さえて、 このチームは優勝しました! 
おめでとう!パチパチパチ~♪♪ 

今年6月のハワイでの本大会に出場の運びとなりました!

 

私のように大会を応援していたメンバーは、
もちろん結果もそうでしたが、
メンバーが本当に幸せそうに踊っている姿を見て
「感動でココロが震える」という体験を
このチームからもらいました。

 

 

才能心理学では、

「才能は、感情を行動に移した結果 生み出された能力である」

といいます。

 

目標達成も、

「ただやる」のではなく
「自分の才能(感情)に合った方法でやる」

のが 達成するのに必要なんですよね。

 

 

みなさんも、

今年の目標は目標達成を

「テンションが上がる(感情が動く)」方法

(才能を磨きながら目標達成まで続けられる方法)で

まず行動を始めることを、 ぜひぜひオススメします~。

 

一緒に才能磨きを楽しみましょう~。

執筆者:
The following two tabs change content below.
野村 式栄

野村 式栄

認定講師一般社団法人 才能心理学協会
才能心理学協会認定講師/キャリアコンサルタント・キャリアコンサルタント 商社開発営業を経て、産業カウンセラーとして10年間で3000人のカウンセリングを実施。現在は、才能発見の醍醐味を伝えるとともに、「喜び・やりがい・希望」が続くライフスタイルを作るサポートをしている。 才能心理学「無料動画セミナー」の登録はこちら
mautic is open source marketing automation