一般社団法人 才能心理学協会 > 才能をお金に変える方法 > 「自分に嘘をつかず、正直に生きていきたい」

「自分に嘘をつかず、正直に生きていきたい」

こんにちは!
「才能をお金に変える専門家」の若月です。
 
先日、音楽系の友人から誘われて、
人生初の「朗読劇」を鑑賞してきました。
 
感想は・・、
【衝撃の100分間】
でした(笑)
 
演劇と言えば映画やTVドラマでしか観たことのない世界。
 
目の前で役者さんが、全身全霊で感情を
表現される姿にただただ圧倒されるばかり。
 
普段は人の才能発見のお手伝いしていますので、
物語の内容以上に気になってしまったのは、
 
「役者さんはなぜこの仕事をしているのだろう」
「過去にどんな衝撃的な出来事があって、
今につながっているのだろう」
「どんな人から影響を受けてきたのだろう」
「自分がもしも主役だったらあんな演技ができるんだろうか?」
 
というようなことです(汗)
 

自分の感情はどんな時に揺さぶられるのか

 
過去を振り返ってみると、
中学生の頃にクラスで演劇をすることになり、
「主役だけは絶対に嫌だ!」
断固拒否した経験があります。
 
それは、
人前に立つことに対して苦手意識があったから。
 
何かに失敗して恥をかくのが嫌だったから。
 
未だに役者さんを観ると
憧れの感情も湧き上がってきます。
 
「自分にはできそうにないことが
できてしまう人って本当にすごいな・・」
と。
 
全く興味がなければ
このような感情を抱くことはないでしょう。
 
そして、
「1対1のコンサルティングもやりがいはあるけれど、
苦手なことからは逃げずに人前で話せるようになりたい!」
 
と数年前に強く感じる出来事がありましたので、
2年間、週1ペースでスピーチの特訓を受けました。
 
それからは、講師の機会も増え、
セミナーが無事に終わり、
参加者さまから嬉しい声をいただくと、
言葉では言い表せないくらいの充実感で満たされます・・
 

悔しさが自分を変える

 
僕が、
「絶対に人前で話せるようになりたい!」
と感じた衝撃的な出来事。
 
それは、
スピーカーとして招かれたイベントで、
自分より若い人よりも全く上手に喋れなかったからです。
 
他の人が話している時は盛り上がるのに、
自分の時だけは楽しそうではない・・。
 
その日の悔しい経験があったからこそ、
自分を変えるアクションを起こすことができました。
 
「もうこれ以上、自分が
本当にしたいことから逃げてはいられない」
「自分に嘘をつかず、正直に生きていきたい」
 
もう4年ほど前の出来事になりますが、
あの時誘ってくださった方や
他の講師の方にはとっても感謝しています。
 
僕が大きく変わるきっかけを与えてくださったから。
 
 
これからの人生で、
あなたが本当にやりたいことは何ですか?
 
あなたが幸せにしたい人はだれですか?
 
じっくりと考えてみてくださいね。
 
 
 
それでは、
次回もお楽しみに!
執筆者:
The following two tabs change content below.
若月 健

若月 健

認定講師才能心理学協会
早稲田大学出身。才能をお金に変える専門家。 1982年山梨県生まれ。学生時代に出会った友人の影響で、「社会や組織に依存せず、自分の力で自由に生きていく」と決意。その後アメリカへ留学するも半年で帰国し、起業について試行錯誤を繰り返す日々を送る。ベンチャー企業を経て、挫折を繰り返し人生に絶望していた23歳の頃にインターネットビジネスで独立。 28歳で法人化し、これまでに3000名以上の自由なライフスタイルを目指す個人に対して、ブログマネタイズ・ウェブライティング・セルフコントロールのサポートを実施。現在は、ブログを活用した起業・副業支援のため、東京やオンラインでコンサルや勉強会、セミナーを開催。「人の才能を見極める天才」と評価を得ている。好きな場所はマウイ島とスリランカ。 メルマガの登録はこちら