cc-present2015

動画セミナーの内容受講者の声推薦の声プレゼント応募

「選択の技術」無料Webセミナー

応募は締め切りました

 

heading1

 「選択の技術」Webセミナーの内容

決断に悩み、行動をためらってしまう3つの理由とは?

人が決断に悩み、行動をためらう3つの理由があります。どの理由が自分に当てはまるのかがわかれば、あなたを止める原因がわかり、3つの理由に振り回されることがなくなります。

人生は「好き・嫌い」で決めていい! 〜一流の人は、なぜ「好き・嫌い」で決めるのか?〜

意外なことに、一流の人は「好き・嫌い」で決断します。「自分のやりたいことして、やりたくないことはしない」、「好きな人と付き合って、嫌いな人とは付き合わない」。もし、あなたも「好き・嫌い」で選択したら、決断スピードも行動力も上がると思いませんか? 「好き・嫌い」をベースに「選択の技術」を磨けば、望む結果を手に入れやすくなります。

選択基準をシンプルにすれば、仕事も、人間関係も、お金も、すべてがうまく回り出す!

一流の人の選択基準はとてもシンプルです。極端にいえば、彼らはたった1つの選択基準ですべてを決めるので、迷う理由がありません。一方で、決断に悩み、行動できないときはあれも、これも考えすぎる「思考の罠」にははまりがち。その罠を回避するのが「選択の技術」。選択基準をシンプルにすれば、仕事でも、人間関係でも、お金でも先延ばしがなくなり人生が流れるようになります。

一流の人が共通して持っている「コア・コンセプト」とは?

一流の人が持つ選択基準。それが「コア・コンプト」です。コア・コンプトとはあなたが人生を生きる上で、一番大切な価値観のことです。彼らが決断に迷わず、行動できるのは「一番大切な価値観」を選択基準にし、それ以外は捨てるからです。もし、あなたが自分が信じていないことを決断し、行動に移したとして、全力できるでしょうか? 選ぶものと、捨てるものが決まれば、やるべき仕事、付き合いたい人がはっきりし、人生は一気に加速します。

 「コア・コンセプト」が決まれば、決断力・行動力だけではなく、情報集力も激増する!

なぜ、一流の人は情報に敏感なのか? 彼らの周りには必要な情報が集まってくるのか? それは「好きなこと・嫌いなこと」、「興味があること・ないこと」がはっきりしているので、情報のアンテナが立つからです。興味のあるものは自然に目や耳に飛び込んでくるもの。コア・コンプトを明確にすれば必要な情報は自然と入り、不要な情報をスルーでき、しかも情報収集力は2倍になります。

 迷いが消え、才能も開花する「コア・コンセプト」の作り方 〜「ブレない力」より、「戻る力」〜

一流の人や成功している人は何が起きてもブレない、迷わないと思っているかもしれませんが、彼らも人間。生きている限り、迷いがなくなることはありません。では、何が違うのか? それは「戻る力」です。「戻る力」があれば、ブレても、ずれても自分を戻せる。「コア・コンプト」があれば、ブレた自分、ずれた自分に気づき、スピーディーに戻すことができます。「戻る力」が彼らの決断・行動スピードの速さの秘訣。「コア・コンプト」を作れば、「戻る力」が身につきます。

 

sozai1_r31_c24

 

人生を激変させる「選択の技術!」

 

こんにちは、一般社団法人 才能心理学協会の北端康良です。

私の専門は「才能開発」と「心理学」です。16年間でのべ6000人のカウンセリングやコンサルティングを行い、才能開発をしてきました。クライアントは経営者や起業家からサラリーマンやビジネスマン、学生や主婦までさまざまです。

クライアントの中には、売上が2倍になったコンサルタントやセラピスト、店舗拡大に成功した経営者、利益も上がり相性のいい取引先を選べるようになったビジネスマン、転職に成功した管理職、才能心理学を職場で活かし、スタッフの長所を伸ばしたり、適材適所の配置を行い活躍しているマネージャーなどがいます。

彼らが変わったきっかけは何か? それは自分が望む結果を手にいれる「選択基準」が明確になったことです。

  • どんな仕事を選べば、一番モチベーションが上がり、成長できるのか?
  • どんな働き方をし、どの強み・才能にフォーカスすれば、評価や収入が上がるのか?
  • どんな人と付き合えば、仕事でもプライベートでも楽しく、幸せに過ごせるのか?

 

それに気づいた彼らは、自分がもっとも大切にしている「選択基準」に沿って、働き方、仕事、ビジネス、人間関係、お金や時間の使い方を変えることで、望む結果を手に入れました。

 

才能が9割私は才能開発のメソッドを確立するために、世界中の成功した経営者、アスリート、芸術家、学者の才能分析を行いました。その内容をまとめたのが「自分の秘密 才能を自分で見つける方法」、「才能が9割 3つの質問であなたは目覚める」という著書です。この2冊は、ビジネス書評家として有名な「ビジネスブックマラソン」の土井英司氏、ベストセラー作家の本田健氏に推薦していただき、たくさんの方が手に取ってくれました。

 

「自分の秘密」才能を自分で見つける方法才能分析の結果、わかったのは一流の人は「明確でシンプルな選択基準」を持っていること。一流の人は選択基準がシンプルなので決断スピードが速く、行動も速く、結果も出る。迷いや悩みも少ないのです。逆にいえば、悩んだり、迷っている間に時間がすぎ、チャンスを逃してしまう。行動できないのも選択基準があいまいだからです。

 

そして、意外に思われるかもしれませんが、実は一流の人は「好き・嫌い」を基準に「選択基準」を作っています。なぜ、一流の人が「好き・嫌い」で選び、成功しているのか? その理由はWebセミナーで詳しくお伝えしています。

 

世の中には、数々の成功法則、幸せになる法則が溢れています。役立つものもたくさんあります。しかし、「何が幸せで、何が成功か?」は人それぞれ。自分の選択基準を知らなければ、どんな知識やノウハウを取り入れても、豊かさや幸せは感じにくいもの。「この服お似合いですよ」と言われ買っても、気に入らなければクローゼットの中に眠ったままになるでしょう。

私はコンサルティングやカウンセリングの現場で、自分の選択の基準ではなく、誰かの幸せの基準、成功の基準に沿って努力した結果、「こんなものが欲しかったわけでない」と肩を落としている経営者やビジネスマンもたくさん見てきました。

 

今、多くの人が自分の働き方、仕事やビジネス、人間関係、生き方を見直しています。人生を見直す時に必要なものも「選択基準」。自分の選択基準を見つけることは、仕事で成功するにも、プライベートで幸せを得るためにも、もっとも大切なことです。

人生は選択の連続。そして人生は有限です。
「何を選ぶのか?」 いまからあなたがする選択の積み重ねで、未来は大きく変わります。

あなたが「限られた時間を大切に使いたい」と思われているなら、「選択の技術」無料Webセミナーを、ぜひご覧ください。

 

name

 

 

sozai1_r31_c24

 

 

heading3

スクリーンショット 2015-06-20 16.50.46

takase-ex
スクリーンショット 2015-06-20 16.51.04

スクリーンショット 2015-06-20 16.51.17

スクリーンショット 2015-06-20 16.51.27

 

sozai1_r31_c24

 

 

heading4

スクリーンショット 2015-06-20 16.52.26

 

スクリーンショット 2015-06-20 16.52.16

 

講師プロフィール 北端 康良

 

profile2012一般社団法人 才能心理学協会 理事長/才能開発コンサルタント。
一般社団法人 日本パーソナルブランド協会 理事。

大阪市立大学法学部卒。専攻は政治。
米国 コロンビア大学ビジネススクールLeadership Essentials 修了。

1996年、内閣府主催「東南アジア青年の船」に日本代表メンバーの一員として参加し、ASEAN諸国を歴訪。各国の首相・大臣を表敬訪問する。

才能が9割帰国後、ITベンチャー企業に入社するも半年で倒産。幹部社員の離反・社内分裂、人材流出・能力重視による採用ミスなど、組織・チームワーク崩壊のプロセスを経験。経営者の心のブレが組織や社員に与える影響を目の当たりにする。

その後、一部上場企業を経て、心理学セミナー・研修会社に転職。IT・Webの責任者としてゼロから購読者2万人のメルマガを育て上げ、クライアントの7割がネット経由で来るようになる。

「自分の秘密」才能を自分で見つける方法入社1年後、人前で話をした経験がないにも関わらず、社長命令により突然セミナー・研修講師に任命される。正式なトレーニングを受ける間もなく、講師デビュー。生きた心地がしない3年間を乗り切り、講師・トレーナーとしてのポジションを獲得。10~100名規模の心理学研修・セミナーを担当する。

「人が変化するきっかけは何か?」をテーマに、13年間で、のべ5000人のカウンセリング、500回の心理学研修・セミナーを行い、300名のカウンセラーを育成。社長の右腕としてマネジメント・社内システムの構築も行う。

その後、一通のメールをきかっけに、才能の秘密を解き明かすべく、古今東西の偉人・経営者・アスリート・芸術家・俳優・科学者・哲学者など、才能溢れる人物の才能分析に没頭。その結果、「人は71%の確率で”感情”をきっかけに才能を開花させる」ことに着目し、独自理論「才能心理学」を体系化。「3つの質問」で才能を引き出す「才能プロファイリング」など、才能開発プログラムを開発する。

2012年、一般社団法人 才能心理学協会を設立。
スティーブ・ジョブズ、ココ・シャネル、本田宗一郎、井深大、坂本龍馬など成功者・偉人の才能分析事例から自分の才能がわかる「自分の秘密 才能を自分で見つける方法」(経済界)を出版。

クライアントは経営者・企業幹部・専門家やビジネスマンなど。売上・講演依頼が2倍になった経営者やセラピスト、社員の能力を見極め適材適所の配置を実現し、人材育成コストを削減した経営者やマネージャー、専門家としての経験を活かし書籍を出版、NHKから出演依頼がきたコンサルタント、1ヶ月間で前年度の年間売上げを突破したコーチ、子供の才能を伸ばした塾マネージャー、転職・就活に成功したビジネスマンやOL・学生など、結果が続出。

専門は、

  1. 才能プロファリング
  2. 才能開発コンサルティング
  3. 才能を開花させる「タイムマネジメント法」
  4. リーダーシップ・トレーニング
  5. 「採用面接」コンサルティング

「すべての人が、それぞれの才能を発揮する場所を届ける」をミッションに講演・セミナー・執筆活動を行う。著書「才能が9割 3つの質問であなたは目覚める」「自分の秘密 才能を自分で見つける方法」(経済界)。

 目指す未来は「子ども達が自由に才能を発揮できる世界」。

 

動画セミナーのお申し込み

 

「選択の技術」無料Webセミナー

応募は締め切りました

 

 

    mautic is open source marketing automation